COIN TOKYO

  • 2020/02/05
  • 2020/02/05
  • コイン東京編集部

「ビットコインはセーフヘイブンとしての認識高まる」-CMEトップ|「2020年半ばまでに15,000ドルへ上昇」-ドバイ投資顧問会社CEO

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインは金同様にセーフヘイブンとしての認識高まる-CMEトップ|「2020年半ばまでに15,000ドルへ上昇」-ドバイ投資顧問会社CEO
CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループのテリー・ダフィーCEOは、4日にCNBCの『クロージング・ベル』に出演して、物理的な金と並べてビットコインの『デジタルゴールド』としてのナラティブ(物語)を強化した。

安全な逃避先とビットコイン

「ビットコインにますます多くの人々が参加しています.。金の取引と同様に、より多くの人々がセーフヘイブン(安全な逃避先)と考えている」

CMEビットコイン先物のOIと取引量、価格 引用:Arcane Research
CMEビットコイン先物のOIと取引量、価格 引用:Arcane Research

1月13日にCMEグループはビットコイン先物に基づいたオプションをリリースした。初日から230万ドルの出来高を記録して順調に拡大している。CMEビットコイン先物の取引量とOI(縦玉)もまた、昨年10月の上昇相場の水準を越えて増加した。

インタビューでダフィー氏は、ビットコインが9000ドルの水準に戻るまでの過去3ヶ月に7,000ドルゾーンで取引していた事実を指摘して、「『セーフヘイブン(安全な逃避先)』資産として見られていることを証明している」と述べた。

「2020年半ばまでに15,000ドルへ上昇」

2020年1月にビットコインは29%以上上昇して、1月としては54%増加した2013年以来最高のビットコインのパフォーマンスとなった。これは米国とイランの軍事対立と、中国のコロナウイルスの発生によって強化されたと指摘されている。

ドバイを本拠とする金融コンサルタント会社deVere Groupのニゲール・グリーンCEOは3日にCNBCに対して、ビットコインが「不確実性の時代におけるセーフヘイブン」として支持されたと述べた;

「ビットコインの価格の継続的な上昇軌道は、コロナウイルスの広がりと相関しています。発見される事例が増加するにつれて、世界中の国及び従来の金融市場への影響が拡大し、ビットコインの価格は上昇しました。」

グリーン氏はCNBCに対して、「ビットコインの半減期とパンデミックへの恐怖、公開市場の不安に後押しされた最近の急増が、「ビットコインのリスクがはるかに少なく、潜在的に大きなリターンをもたらすことを思い出させる」 と語った。

「ビットコインは2020年半ばまでに15,000ドルまで急増する準備ができている。」


関連記事













仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る