COIN TOKYO

¥1,060,370
BTC +0.09%
¥27,331
ETH -0.23%
¥30.41
XRP -0.27%
¥29,578
BCH -0.35%
  • 2020/02/07
  • 2020/02/07
  • コイン東京編集部 ヒロ

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)は過熱感漂う相場に-調整の動きに警戒!リスク(Lisk)の今後を価格チャートを分析【2/7】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リスク(Lisk)の今後を価格チャートから分析-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
仮想通貨リスク(LSK)は、1月上旬の"ステーキングサービス"に関しての発表以降、強力なトレンドを形成しています。価格を急騰させているリスク(LSK)の今後のポイントを価格チャートから分析し、解説していきます。

コイン東京専属プロトレーダーも使用!
仮想通貨取引なら圧倒的出来高・操作性のBitMEXがおすすめ!

BitMEX(ビットメックス)口座開設

詳しい口座開設方法はこちらで解説!

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のチャートから価格分析【2/7】

1月に日本の大手取引所である「コインチェック」は、仮想通貨リスクを対象としたステーキングサービスのβ版の提供を開始することを発表しました。

取引所コインチェックが仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のステーキングサービスを提供開始


以降強力なトレンドを形成しているリスク(LSK)は、今後どのような動きを見せるのでしょうか?

価格チャートを確認していきます。

リスク(LSK/Lisk)はレジスタンスラインを抜け、価格を急騰

リスク(LSK/Lisk)の価格チャート①

対USDのリスク【BTC/USD】4時間足チャートを確認していきます。

リスク(LSK)は、1月上旬に取引所としては世界初の試みとなる"ステーキングサービス"の提供を発表し、価格を急騰させて以降、強気な相場を継続させています。

上昇チャネルを形成しながら価格を上昇させていましたが、1月下旬にレジスタンスとして意識されていた0.8ドルを上抜けるとその後価格を急騰。

チャネルを抜け更に勢い付いたリスク(LSK)は、1週間で価格を約2倍にまで伸ばしており、現在も大きな調整を挟むことなく1.4ドル付近で価格を保っています。

短期間で急激に価格を上昇させている為、今後意識しておきたいのが調整の動きであり、今後価格を下落させ4時間雲を抜ける展開となった場合は、大きめの調整が入る可能性が高いので注意しておきましょう。

過熱感が漂うリスク(LSK/Lisk)、今後の展開は?

リスク(LSK/Lisk)の価格チャート②

続いて対USDのリスク【BTC/USD】日足チャートを確認していきます。

今後大きな調整が入った際に注目しておきたのが、1月末から2月にかけて意識されていた1.1ドル付近(青)の価格帯です。

レジサポ転換となったこのラインは、今後反発ポイントとして意識される可能性が高いので、価格を下落させた際は注目しておきましょう。

レジスタンスとして意識しておきたいのは直近の高値である1.5ドルであり、今後このラインを上抜ける動きを見せる場合は、昨年7月に強力なレジスタンスとして機能していた1.7ドル付近を(黒)を目指す展開に期待ができそうです。

リスク(LSK)の取引や、コインチェックでリスク(LSK)のステーキングをしたい方は、こちらから登録が可能です!
コインチェックの口座開設!


コインチェックの口座開設


関連記事

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。
















仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る