COIN TOKYO

  • 2020/02/17
  • 2020/02/17
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は下落ムードが徐々に強まる展開!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【2/17】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
ビットコイン(BTC)は2月13日より反落の値動きを続けており、本日2月17日の値動きでは2月8日以降のサポートラインに接触を続けています。下落のムードが徐々に強まりつつあるビットコイン(BTC)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

注目取引所のBTCMEXでキャンペーン中
海外で乗り換え続出!
多くのトレーダーが選ぶ BTCMEX

btcmexの口座開設

BTCMEXとは?という方や、詳しい口座開設方法を知りたい方はこちらで解説!

ビットコイン(BTC)はサポートラインに張り付いた値動き!このままラインブレイクを起こすのか?

ビットコイン(BTC)価格チャート:対JPY4時間足

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。2月13日に形成された長い上ヒゲを伴うローソク足をきっかけに反落チャートを形成しているビットコイン(BTC)。

反落後のビットコイン(BTC)は2月上旬からのhead and shoulderのネックラインをラインブレイクし、下値を106万円台まで下落する形を見せています。

下落サインであるhead and shoulderを完成させたことで更なる下落の可能性が高まったビットコイン(BTC)ではありましたが、2月8日以降のサポートラインである106万円台に支えられ、今のところ大きな下落は見られていません。

しかし106万円台接触後のビットコイン(BTC)も強い反発を見せることなく、現在サポートラインに張り付いた値動きとなっています。

強い反発が見られていないことでサポートラインブレイクの可能性が徐々に高まりつつあるビットコイン(BTC)相場は不安感が高まっている状況です。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今後注目するポイントとしては、2月8日以降からのサポートラインである106万円台が現在の下落をサポートしきれるのかという点です。

仮に106万円台を大きく下回る場合、下値は一気に大台である100万円台まで下落する可能性があるため注意しましょう。

106万円台に到達するまでに既に一目均衡表の雲も下に抜けていることから、ビットコイン(BTC)はサポートラインである106万円台を下回る可能性が比較的高い相場といえます。

また現在の価格帯は20日移動平均線と接触している価格帯です。中期移動平均線に接触しているにも関わらず、押し目買いの動きが見られていないことも相場の不安感を感じられます。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後の値動きとしては、現在のところサポートラインである106万円台にサポートされているビットコイン(BTC)ですが、一目均衡表の雲を既に下回っているという点、長期的な上昇相場の中で中期移動平均線に接触したにも関わらず、押し目買いの動きが見られていない点からサポートラインブレイクの可能性が高まっています。

サポートラインブレイク後は大台である100万円台まで下落する可能性はあるものの、依然75日移動平均線に対しては上回る展開となるため、長期的に弱気相場目線へ転換するというわけではありません。

しかし強気相場目線は一時終わる展開へとなる可能性があるでしょう。


ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後の値動きとして、106万円台をブレイクしてしまうのか、大台である100万円台が次なるサポートラインとして機能するのか注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。
















仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る