COIN TOKYO

¥966,859
BTC -0.17%
¥24,452
ETH -0.49%
¥25.42
XRP -0.47%
¥35,681
BCH -1.02%
  • 2020/02/18
  • 2020/02/20
  • コイン東京編集部

KDDIが「スマートマネー構想」でデジタル通貨やスマートコントラクトを実証実験、仮想通貨取引所ディーカレットが技術支援

このエントリーをはてなブックマークに追加
KDDIの「スマートマネー構想」でデジタル通貨やスマートコントラクトを実証実験、仮想通貨取引所ディーカレットが技術支援 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
18日、仮想通貨取引所ディーカレットはKDDIやauフィナンシャルホールディングス、ウェブマネーと、デジタル通貨の発行・管理に関する共同検証を実施する事を発表した。

最大 12000円 のBTCをGET!
(0.3BTCのデポジットするだけ)
注目取引所のBTCMEXでキャンペーン中

btcmexの口座開設

BTCMEXとは?という方や、詳しい口座開設方法を知りたい方はこちらで解説!

KDDIがデジタル通貨やスマートコントラクトを実証実験

引用:PRTIMES
引用:PRTIMES

ディーカレットは、企業が独自のデジタル通貨を発行できる機能とスマートコントラクトの実装が可能なブロックチェーンプラットフォームを提供する。

2020年2月18日~同2月28日に実施される共同検証では、ウェブマネーがデジタル通貨を発行し、KDDIが実験の参加者に配布、参加者は専用のカフェでデジタル通貨で決済する。デジタル通貨の『発行、流通、償却』の一連のプロセスをスマートコントラクトを介して自動化する技術検証と課題の洗い出しが実験の目的となる。ディーカレットは専用の決済ツールも提供する。

共同検証は、2月12日に始動したKDDI (au) の「スマートマネー構想」の一環で実施される。同社は、スマートフォンを預金、決済、投資、ローン、保険といった金融サービスの入り口とする「スマホ・セントリックな決済、金融体験」の提供を目指している。KDDIによると、au経済圏の流通総額は2.5兆円まで拡大しており、2021年度末には決済・金融取扱高で6兆円を目指している。

リリースによるとディーカレットのプラットフォームは、ダイナミックプライシング(需給に応じた価格変動制)や年中無休のリアルタイム(即時)決済といったブロックチェーンの特性を生かしたサービス展開を目指している。

2019年7月にKDDIは、デジタル通貨ビジネスを推進し、決済・金融事業を強化する目的でディーカレットに出資していた。


関連記事
















仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る