COIN TOKYO

  • 2020/02/19
  • 2020/02/20
  • コイン東京編集部

イーサリアムとリップルのBitMEX資金調達率がビットコインを上回る– アルトシーズンは継続か

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムとリップルのBitMEX資金調達率がビットコインを上回る– アルトシーズンは継続か 
暗号資産デリバティブ取引所BitMEXで、イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)の資金調達率がビットコイン(BTC;XBT)よりも高水準を維持している。

イーサリアムとリップルのBitMEX資金調達率が高水準に

ビットコインと比べてアルトコインのボラティリティはかなり高いため、リスクリワードが魅力的と判断すれば、トレーダーはアルトコインを取引する傾向がある。実際に、18日にイーサリアムの価格は240ドルへと下落したが、1晩で290ドル弱の高値に回復している。

BitMEXのビットコインとイーサリアム、XRPの資金調達率。BitMEXでは、より多くのトレーダーが資産を購入(ロング)するほど、ポジション管理料を意味する『資金調達率』がプラスに膨張する。 引用:BitMEX
BitMEXのビットコインとイーサリアム、XRPの資金調達率。BitMEXでは、より多くのトレーダーが資産を購入(ロング)するほど、ポジション管理料を意味する『資金調達率』がプラスに膨張する。 引用:BitMEX

2020年にアルトコインはビットコインの40%の上昇幅を上回っている。イーサリアムとビットコインキャッシュは2倍以上、ライトコイン(90%)とXRP(50%)も同様に高騰している。

2020年のBTC、XRP、LTC、ETH、BCHの上昇率
2020年のBTC、XRP、LTC、ETH、BCHの上昇率

テゾスとリンクはさらに大幅な利益を得ている。著名なトレーダー、Josh Rager氏は、「アルトシーズンではなくLINK、XTZ、ETHのシーズンのようなもの」とツイートした。

暗号資産市場のビットコイン・ドミナンス、引用:CryptoFibonacci
暗号資産市場のビットコイン・ドミナンス、引用:CryptoFibonacci

2020年にビットコインの市場ドミナンスは68.8%から62.4%に低下している。トレーダーのCryptoFibonacciは、ドミナンスが60%まで低下すると見ている。

17日に大手取引所Bitfinexは、テゾスの証拠金取引(XTZ/USD、XTZ/BTC)の最大レバレッジを2倍から3.3倍に引き上げた。また、ロスカット閾値を50%から30%に引き下げていた。19日現在、テゾスは1月1日の130ドルから160%増加して344ドルで取引されている。


関連記事













仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る