COIN TOKYO

  • 2020/03/13
  • 2020/03/13
  • コイン東京編集部

「危機ではない」ビットコインの急落原因は株式市場の取引停止-グリーンスパン氏|BTCは直近2回の暴落と同じ「売られすぎ」水準に

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインの急落原因は株式市場の取引停止-マティ・グリーンスパン|BTCは直近2回の暴落と同じ「売られすぎ」水準に   +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ビットコインはニューヨークの12日午前10時(日本12日午後11時)までに5,678ドル(596,190円)に急落した。2013年4月以来最大の1日の下げ幅(25%)を見せた。BitMEXのビットコイン無期限契約では2018年11月以来の規模となる7億2000万ドルのポジションを清算した。

ビットコインの急落原因は株式市場の取引停止

ビットコインの年初来利益は一掃され、価格は2019年5月以来の最低水準に低下した。
イーサリアムもまた197ドルから132ドルに下落し、過去5年間で最大の下げ幅となった。被害の拡大にはイーサリアムの主要なレンディングおよびDe-FiプロジェクトであるMakerDAOの担保分のイーサのリリースにあるとも指摘されている。

暗号資産市場は過去24時間で260億ドルを失った。ビットコインは伝統的な市場の混乱から逃れることができず、大規模なリスクオフの動きの中で、過去2週間に株式などのリスク資産と合わせて動いている。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う極端な恐怖に包まれて、全ての資産の相関関係が急速に高まっている。Delphi Digitalのケビン・ケリーCFAは、安全の象徴である米国財務省でさえ最近の高値から後退し「市場全体の大混乱をもたらしている残りのギャングに加わった。」とニュースレターで指摘した。

リサーチ機関QuantumEconomicsの創設者マティ・グリーンスパン氏は、金、プラチナ、パラジウム、ガソリン、砂糖がすべてほぼ同時期に急落していると指摘した。一部はビットコインよりもさらに悪化している。

This is not a crisis 引用元:quantumeconomics.io
This is not a crisis 引用元:quantumeconomics.io

Plustokenコインの売却やBitmexでの清算など、下落の原因についていくつかの噂がツイッターで指摘されているが、グリーンスパン氏によると今回の下落原因は明らかだ;

「株式が限界に達し、(サーキットブレーカーによって)取引が停止し、さらに下落できなくなったため、投資家はラガルドのスピーチ前に資本を解放したかった。この証拠は、他の多くの商品もまったく同時に売却されたこと。」

あまり報じられていないが、欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁は12日、各国の中央銀行が行っている利下げを否定し、「ターゲットを絞った財政刺激策」を要求した。

BTCは直近2回の暴落と同じ「売られすぎ」水準に
BTCは直近2回の暴落と同じ「売られすぎ」水準に

ビットコインは歴史的に同様の暴力的な売却から急激に回復してきた。現在のビットコインは、2019年9月下旬と2018年11月に見られた売られ過ぎ水準に達している。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る