COIN TOKYO

  • 2020/03/17
  • 2020/03/17
  • コイン東京編集部 ヒロ

モナコイン(MONA)は近日中の値動きに注目!モナコインの今後を価格チャートから分析【3/17】

このエントリーをはてなブックマークに追加
モナコイン(MONA)の今後を価格チャートから分析-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
モナコイン(MONA)は価格を急落させ一時100円を割り込みましたが、その後リバウンドの動きを見せています。現在持ち合い相場を形成しているモナコイン(MONA)の今後のポイントを価格チャートから分析し、解説していきます。

海外で乗り換え続出!
多くのトレーダーが選ぶ BTCMEX

btcmexの口座開設

BTCMEXとは?という方や、詳しい口座開設方法を知りたい方はこちらで解説!

モナコイン(MONA)のチャートから価格分析【3/17】

持ち合いを形成中のモナコイン(MONA)は、まずは19日に向けての動きに注目が集まります。

持ち合いを上抜けられると、4時間足レベルの下降ウェッジを抜けるので、その後の更なる価格上昇に繋がる期待が持てます。

対JPYの価格チャートを確認していきましょう。

モナコイン(MONA)は急落後持ち合いを形成中-今後の展開に注目

モナコイン(MONA)の価格チャート①

対JPYのモナコイン【MONA/JPY】1時間足チャートを確認していきます。

12日から価格を急落させたモナコイン(MONA)は、13日朝には売りの勢いが更に加速し、一時100円を割り込む展開に。

その後強いリバウンドの動きを見せ再び100円台に価格を戻していますが、急落以降130円付近の水準がレジスタンスとして意識され上値を阻んでいることが分かります。

現在は三角持ち合いを形成しており、今後はまず持ち合いが収束する19日に向けての動きが重要になってくるでしょう。

持ち合いを上抜けた場合は、引き続き130円付近をレジスタンスとして注視し、下抜ける展開となった場合は再び底値を試しにいく展開を危険視しておく必要があります。

モナコイン(MONA)は下降ウェッジ上抜けとなるか?

モナコイン(MONA)の価格チャート②

続いて対JPYのモナコイン【MONA/JPY】4時間足チャートを確認していきます。

13日から横ばいの相場が続いているモナコイン(MONA)は、現在3月初旬から続く下降トレンドライン付近で価格を推移させており、ウェッジ上抜けとなるかどうかの重要な局面に位置しています。

今後ウェッジを上抜けられず再び価格を下落させ100円を割り込むようであれば、ウェッジの下限ラインを目指す動きが考えられる為、注意しておきましょう。

ウェッジを上抜ける展開となっても130円のレジスタンスや一目雲など上値を阻む要因は多く、今後明確なトレンド転換を目指すには、まず140円台まで価格を戻す必要がありそうです。


関連記事

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。



仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る