COIN TOKYO

  • 2020/06/03
  • 2020/06/04
  • コイン東京編集部

音喜多議員、暗号資産の取引・税制について質疑|麻生大臣「今の段階で家庭に勧められない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
音喜多議員、暗号資産の取引・税制について質疑|麻生大臣「現時点で家庭に勧められない」+仮想通貨ニュースサイト コイン東京
6月2日、参議院の財政金融委員会で、暗号資産取引に対する規制に関する件について議論された。日本維新の会の音喜多駿議員(36)は、暗号資産の税制、レバレッジ取引規制について、麻生太郎大臣及び中島淳一(金融庁 企画市場局長)氏に切り込んだ。

音喜多議員、暗号資産の取引・税制について質疑

内閣府令により、暗号資産の個人向け取引の証拠金倍率は4倍から2倍に引き下げられる。音喜多議員はこの取り決めが「取引参加者の海外流出を招く」とし、「パブリックコメントや実務者から寄せられた反対意見に対する議論が不十分」と指摘。有識者会議における決定プロセスについて見解を求めた。

これについて中島氏が説明したところによると、金融庁を中心とする「仮想通貨交換業等に関する研究会」には、暗号資産交換業者や外国為替交換業者、暗号資産の学識者など幅広く参加している。証拠金倍率の上限2倍はEUの仮想通貨規制を参考にしていると述べた。

中島氏はまた、法定通貨よりも変動リスクが高い暗号資産の性質を指摘した。2020年3月12日のいわゆる「コロナショック」について、この日の変動率が「ビットコインで37%、イーサリアムで42%」と示し、1日の価格変動率をカバーする水準として「証拠金倍率上限2倍」の妥当性を強調した。

音喜多議員はまた、暗号資産とブロックチェーン分野で世界をリードするために、海外と比較して適切な「暗号資産の税制」が必要と述べた。具体的に以下の条件を指摘し、金融庁として税制改正要望をするよう求めた。

・最大税率55%の総合課税ではなく分離課税の適用
・損益通算、繰越控除を可能にする
・少額決済や仮想通貨間の取引を非課税化すること

これについて麻生大臣は、分離課税を適用することは株式と同様に「暗号資産」を家庭に勧めることと同義であり「今の段階では難しいのではないか」と述べた。政府はこれまで、1900兆円の個人金融資産のうち950兆円を占める現金預金を投資へを回すために、「少額投資非課税制度(NISA)」を設けるなど政策を推進してきた。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る