COIN TOKYO

  • 2020/07/17
  • 2020/07/17
  • コイン東京編集部

ツイッターハッキングと株式市場の変動がビットコイン価格に影響

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイッターハッキングと株式市場の変動がビットコイン価格に影響 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
16日に米国の主要な政治家、経済人、有名人のツイッターアカウントがハッキングされ、フォロワー向けのビットコイン詐欺に使用された。ツイッター社CEOのジャックドーシー氏は、「ハッキングにより、ユーザーのロックアウトを余儀なくされた」と認めている。



仮想通貨取引所 SBIVC

ツイッターハッキングと株式市場の変動がビットコイン価格に影響

テスラ(TSLA、-22.23%)のCEOイーロン・マスク氏の3,600万人を超えるツイッターフォロワーは、ビットコイン詐欺師によって標的にされ、米国株式市場の終了後に「ビットコインを送るよう懇願するメッセージ」がツイートされた。加えてマイクロソフト( MSFT、-1.95%)の創設者ビルゲイツ、民主党大統領候補ジョーバイデン、前大統領バラクオバマ、アップル(AAPL、-1.45%)の法人アカウント、バークシャーハサウェイ(BRK.A、- 0.20%)のウォーレンバフェット、アマゾン(AMZN、-0.07%)CEOのジェフベゾス、ミュージシャンのカニエウェストが同様のメッセージをツイートした。

ツイッターは1時間半後に公式声明を発表し、「検証済みユーザー」の投稿を一時制限し、サイト全体も停止した。ジャック・ドーシー氏は、マスク氏のアカウントが最初にビットコイン・メッセージをツイートした約5時間後に声明を出し、「一部の仮想通貨の送金を促しているため、ツイッター社は攻撃を診断している」と注意を喚起した。

その後、ツイッターはソーシャルエンジニアリング攻撃を受けたと認め、ハッカーが内部システムにアクセスして、「認証ユーザーのツイートを制御した」と述べた。ツイッター(TWTR:-1.04%)株は、35.67ドルで取引を終えた後、時間外で3.6%減少した。

CoinDeskによると、仮想通貨とインフルエンサーのアカウントにもハッキング被害は及んでいる。ジェミニ、バイナンス、クーコイン、コインベース、ライトコインのチャーリーリー、トロンのジャスティンサン、ビットコイン、リップル、Cash App、CoinDeskなど。詐欺によるビットコイン被害は不明だが、攻撃者は100,000ドルを受け取った可能性があると推測している人もいる。

16日に米国市場先物は、アジア株の続落を受けて弱気に傾いた。 中国の小売売上高は予想を下回り、リスク選好度が低下した。ツイッター株も下落したが、ビットコイン価格への影響は限定的。CMEビットコイン先物は9040ドルに下落するも9150ドル(前日比―1%)に戻している。ビットコインは9,000ドルを超えており、短期的にポジティブ。プラス面で最初の抵抗は9,200~ 9,250ドル、1時間足SMA50とボリンジャーバンドの中央ラインの接点になる。次に強力な抵抗は9,400ドル。日足SMA50と調整チャネルの上限にあり、ボリンジャーバンドの上部。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る