COIN TOKYO

  • 2020/08/31
  • 2020/08/31
  • コイン東京編集部 ライター兼トレーダー 佐藤希

イーサリアムの価格が24時間で5%を超える上昇! - チャートから上昇要因をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月下旬から下降トレンドに転じていたイーサリアム(ETH)ですが、28日頃からは一転して上昇トレンドに転換しています。緩やかな上昇が続いていたものの、31日に入ると価格が一気に上昇し、24時間で5%を超える上昇を見せました。そこで、今回はこの価格上昇の原因をチャートから探っていきましょう。



仮想通貨取引所 コインチェック

イーサリアム(ETH)の価格が5%を超える上昇

ETH/USD 1分足チャート1

上記のチャートはETH/USDの1分足チャートで、直近24時間程度を表示したものです。

8月30日20:00 JST頃から価格が上昇しはじめていることがわかるでしょう。8月31日 19:30までに5.88%上昇しています。具体的な価格変動の様子は以下のとおりです。

■ETH/USDの価格変動

  • 2020.08.30 20:00 JST: 403.16 USD(42,704円)

  • 2020.08.31 19:30 JST: 426.90 USD(45,218円)

  • 上昇率: 約5.88%


今回の上昇によって45,000円を越えており、さらなる価格上昇に期待している人も多いのではないでしょうか。チャートから価格変動の要因を探っていくと共に、今後の予想についても見ていきます。

イーサリアム(ETH)価格チャート

それでは、早速イーサリアムのチャートから価格変動の要素を見ていきましょう。

短期チャート

ETH/USD 1分足チャート2

最初に、ETH/USDの1分足チャートを過去24時間分チェックしてみましょう。今回は、以下の3段階に分けて見ていきます。


  • 1回目の上昇トレンド

  • 上昇トレンド終了後のレンジ相場

  • 2回目の上昇トレンドになる可能性がある価格上昇


それぞれ要注目ポイントの1つなので、一通り見ておくことをおすすめします。

1回目の上昇トレンド

1回目の上昇トレンドは、30日20:00から31日4:00頃にかけて発生したものです。ここでも5%程度の価格上昇が見られており、強い上昇トレンドが発生したことがわかるでしょう。上昇トレンドが一段落すると、2段階目に移行します。

今回の価格上昇が発生した原因は、30日までのレンジ相場でレジスタンスラインとして機能していた406 USDのラインをブレイクしたことと考えられます。

レンジ相場への移行

上昇トレンドが一段落すると、利確売りなどによって一時的に価格が下落します。しかし、強い売り圧力は見られなかったため、再び上昇に転じています。

この時点では上昇トレンドに転換せず、レンジ相場に移行したことがわかるでしょう。一目均衡表における雲付近で価格が上下していることから、しばらく続く可能性があります。

2回目の上昇トレンドになる可能性がある価格上昇

31日18:00頃からは2回目の上昇トレンドとも見られる価格上昇が発生しています。トレンドラインサポートラインとして機能していること、雲を上抜けて継続的に上昇していることを考えると、上昇トレンドに転換したという見方もできます。

しかしながら、レンジ相場の最高値付近である430 USDで一旦反発していることを考えると、一旦下落してレンジ相場が継続する可能性も考えられるでしょう。

2回目の上昇トレンドが発生したと言い切れない価格変動になっています。

中期チャート

ETH/USD 30分足チャート1

全体的な値動きの傾向は短期チャートだけではわからないため、中期チャートもチェックしておきましょう。中期チャートにおいては、8月28日頃から継続的に上昇トレンドが発生しています。ここで注目できるポイントは以下のとおりです。


  • サポートラインが機能し続けるか

  • 430 USD付近でどのような動きを見せるか


この2点についてチェックしていきましょう。

サポートラインが機能し続けるか

最初に注目できるのは、サポートラインとして機能している上昇トレンドラインがそのまま機能し続けるかどうかというポイントです。31日20:00時点では機能し続けているため、引き続き上昇トレンドが継続する可能性が高いと考えられるでしょう。

430 USD付近でどのような動きを見せるか

過去のチャートをチェックすると、次のレジスタンスラインとして機能しそうなのが430 USDのラインです。したがって、このラインをブレイクするか、それとも反発するかに注目できます。

サポートラインとレジスタンスラインの幅が狭まっていることから、近いうちに大きな価格変動があると考えられます。

イーサリアム(ETH)の今後の重要ポイント

ETH/USD 30分足チャート2

イーサリアムの今後の価格変動を考える上で、注目したいのは以下の2つです。


  • 430 USDのラインをブレイクするか

  • ブレイクした場合に444 USDのラインに達するか


この2つはいずれも重要なポイントなので、しっかりチェックしていきましょう。

430 USDのラインをブレイクするか

前述のとおり、430 USDのラインは次にレジスタンスラインとして機能する可能性が高いラインです。したがって、これをブレイクするかどうかが重要といえるでしょう。

31日20:00時点で上昇トレンドが継続していること、雲を上抜けた状態が続いていることなどを総合的に判断すると、430 USDのラインはブレイクするのではないかと考えられます。

もし、反発した場合はレンジ相場に移行したり、下降トレンドに転換したりする可能性が考えられます。

ブレイクした場合に444 USDのラインに達するか

もし、430 USDのラインをブレイクした場合は、2020年の最高値水準である444 USDに達するかどうかに注目できるでしょう。

444 USDは430 USDより強いレジスタンスラインとして機能する可能性が高いため、今後の動きには要注目です。

430 USDのラインをブレイクした場合は、「430 USD~444 USDの間でレンジ相場に移行する」「444 USDをブレイクしてさらなる高値を目指す」のいずれかになる可能性が高いと考えられます。

ただし、価格を左右するその他の要因(ほかのコインの価格変動や開発の進捗状況)によっては予期せぬ動きを見せることもあるでしょう。トレードに参加する場合は、注意深くチャートやニュースをチェックしてください。



仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る