COIN TOKYO

  • 2020/09/08
  • 2020/09/08
  • コイン東京編集部

IOST版DeFiプロジェクト『パンプキン・パンプ(Pumpkin Pump)』が登場―IOSTの流動性マイニングが9月11日スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
IOST版DeFiプロジェクト『パンプキン・パンプ(Pumpkin Pump)』が登場―IOSTの流動性マイニングが9月11日スタート +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
IOST版の『改良されたSUSHI 』、ことPumpkin Pumpが発表されました。9月11日以降、IOSTコミュニティは、よりスムーズでシンプルな流動性マイニングに参加可能になります。



仮想通貨取引所 SBIVC

IOST版DeFiプロジェクト『パンプキン・パンプ(Pumpkin Pump)』が登場―IOSTの流動性マイニングが9月11日スタート

IOSTのパートナーのPumpkingが開発したPumpkin Pumpは、「手数料0、混雑0、高利回り」を強調している。IOSTをステーキングして流動性を提供し、報酬としてPumpkinトークンを取得できるという。詳細は順次報告される模様。

IOSTは2020年下半期のスローガンに「ALL in DeFi」を掲げており、既にエコシステムに多様なアプリケーション、ノードデプロイ、ウォレットを備え、$7ミリオンのDeFi開発サポートファンドも設置している。

IOSTプロジェクトチームは現在、ブロックチェーン分散技術に焦点を当てたR&Dチームを擁しており。チームは、プリンストン、スタンフォード、MIT、清華大学、北京などの世界のトップ大学を背景とする50名以上のブロックチェーン業界の専門家によって構成されている。現在、IOSTメインネットには世界中の約20か国、400以上のパートナーノードを有している。

仮想通貨取引所コインチェックは今月1日、暗号資産アイオーエストークン(IOST)の取り扱いを9月8日開始することを発表した。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】




仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る