COIN TOKYO

  • 2020/10/01
  • 2020/10/01
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は移動平均線に抑えられた展開が続く!リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【10/1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
リップル(XRP)は9月中旬より中期移動平均線である20日移動平均線に上昇を抑えられた展開が続いています。9月26日からは短期的なレンジ相場が続いている中、移動平均線によるレジスタンスラインは引き続き機能している状況です。今後リップル(XRP)はどのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを分析していきます。

リップル(XRP)は7月からの上昇トレンドに沿った値動きを見せられるのか?

リップル(XRP)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのXRP/BTC 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。9月13日より20日移動平均線がレジスタンスラインとなった相場を続けているリップル(XRP)は、9月26日から短期的なレンジ相場を形成しています。

8月上旬以降、下降チャネルに沿って下値を更新し続けてきたリップル(XRP)ですが、9月26日のレンジ相場形成以降、下値の更新は確認されておらず、相庭が変化するのか注目するポイントとなりました。

現在のリップル(XRP)チャートではMACDの4時間足にてダイバージェンスが発生、日足にてゴールデンクロスが発生など、これまでの下降トレンドが一時終了しやすいサインも出現しています。

そんな中、10月上旬には7月上旬からの上昇トレンドラインと、8月からの下降トレンドラインが交差するタイミングが近づいており、一つの持ち合いパターンを形成している状況となります。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD日足

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも本日10月1日まで20日移動平均線がレジスタンスラインとなる相場が続いています。

そんな中、対法定通貨チャートでは日足のMACDにてダイバージェンスが発生しており、8月18日以降の下降トレンドが一時終了する可能性が秘められた相場となっています。

既に日足でのボリンジャーバンドも大きく収束を迎えているリップル(XRP)は、20日移動平均線を超え、上昇への値動きへ転じるのか、移動平均線から下方へ反発を起こしてしまうのか注目しても良い相場となっています。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

現在移動平均線に上値を抑えられている展開ながらも下値更新の値動きを止め、MACDではこれまでの下降トレンドが終了する可能性を秘めたサインを出現させているリップル(XRP)。

現在推移している価格帯は20日移動平均線、75日移動平均線が推移している価格帯でもあり、中期的にも長期的にも含み益、含み損が比較的少ない相場と言えます。

含み損益が少ない分、リップル(XRP)の今後の値動きは新規取引によるものが初動となりやすく、これまでの下降トレンドから上昇への値動きが見られる可能性も十分に考えられるため、10月上旬の値動きには特に注目したいところです。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)チャートにて今後注目したい価格帯として、上値は20日移動平均線が推移する0.0000227BTC台を明確に超えることが出来るのか注目しましょう。

下値に関しては直近安値である0.0000215BTC台の下抜けで、下降チャネルに沿った値動きが継続となると共に、7月からの上昇トレンドラインを下抜けする展開にもなるため注意が必要です。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。





仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る