COIN TOKYO

  • 2020/10/02
  • 2020/10/02
  • コイン東京編集部

米司法省がBitMEXを刑事告訴。CFTCもまた民事訴訟を提起。マネロン対策違反と未登録の商品デリバティブ取引事業運営の疑い

このエントリーをはてなブックマークに追加
米司法省がBitMEXを刑事告訴。CFTCもまた民事訴訟を提起。マネロン対策違反と未登録の商品デリバティブ取引事業運営の疑い +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
米商品先物取引委員会(CFTC)がビットコインデリバティブ取引所BitMEX(ビットメックス)の所有者を、未登録の商品デリバティブ事業運営について民事訴訟を起こした。さらに米国の検察当局は、BitMEXの創設者と幹部の4人を、銀行秘密保護法違反の容疑で刑事告訴した。



仮想通貨取引所 コインチェック

米司法省がBitMEXを刑事告訴。CFTCもまた民事訴訟を提起

一方、BitMEXは米国CFTCに対抗して公式声明を発表しており、資金の安全性を保証しながら疑惑に立ち向かうと述べている。ビットコインの価格は1時間足らずで価値の400ドル以上を失い、約10,900ドルから約10,480ドルに急落した。

2020年10月1日付の公式リリースによると、CFTCは「BitMEXの取引プラットフォームを所有・運営している5つの事業体と3名の共同創設者(アーサー・ヘイズCEO、ベン・デロ氏、サミュエル・リードCTO)が、デリバティブ取引プラットフォームを違法に運営したとして告発した。

ニューヨーク地区の米検事は、リード、デロ、ヘイズに加えて事業開発責任者のグレゴリー・ドワイアー氏を銀行秘密保護法違反の容疑で起訴した。マンハッタンの連邦裁判所に提出された起訴状によると、被告らは、「顧客確認」要件を備えた反マネーロンダリングプログラムの義務を怠ったとされている。リードはマサチューセッツ州で逮捕され、他の被告は逃走中である。量刑は最高で5年の懲役刑を科される可能性がある。

BitMEX取引所は、今回の決定が強引であり、疑惑を徹底的に弁護するつもりであると述べている。BitMEXは、初期から常に米国の法律を遵守しようと努めてきたと加えた。

Coinmetricsのデータによると、現在BitMEXは約20億ドル相当のBTCを保有している。加えて、4億ドルの保険基金を有しており、問題視されている。BitMEXは、すべての資金が安全であることを保証しながら、通常通りに完全に運営を継続することを確認している。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る