COIN TOKYO

  • 2020/10/08
  • 2020/10/08
  • コイン東京編集部

テスラの株主ARK Invest「ビットコインは今後5~10年間で時価総額1兆ドル以上に」

このエントリーをはてなブックマークに追加
テスラの株主ARK Invest「ビットコインは今後5~10年間で時価総額1兆ドル以上に」+仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ビットコインは今年に入って40%以上上昇しており、時価総額は約2,000億ドルに達している。テスラ(TSLA)の著名な投資家はビットコインの時価総額が今後5~10年間に1兆ドル~5兆ドルに拡大すると予想している。



仮想通貨取引所 コインチェック

テスラの株主ARK Invest「ビットコインは今後5~10年間で時価総額1兆ドル以上に」

アーク・インベストメント・マネジメント(Ark Investment Management)は先月発表された投資家向けのレポートで、「当社の分析によると、ビットコインは現在の約2,000億ドルから、今後5~10年間に1~5兆ドルのネットワーク資本に拡大すると予測されている」と報告した。
同社のアナリストであるヤシーン・エルマンジュラ氏は、「資産クラスとしてビットコインを無視できない」と主張している。

アークは、テスラ株の強気目標を提示していたことで知られている。今年、テスラの株価が4倍に上昇しており、同社の発言は注目されている。

アークは現在、ビットコインに非常に強気を示している。その分析によると、ビットコインは収益化プロセスの初期段階にあり、実質的な上昇可能性を含んでいるという。ビットコインのスポット市場の取引量は1日あたり30億ドルに上り、大型株に匹敵する。そのため、「オルタナティブ資産に配分する年金基金やソブリン・ウェルス・ファンドなどの大口機関投資家がビットコインへの少額の投資を検討するかもしれない」と指摘した。

FANG銘柄との比較。ビットコインの売買高はNetflixやGoogleを上回るが、AmazonやFacebookに比べて低い。引用:Bitcoin As An Investment

しかし、エルマンジュラ氏はビットコインのリスクについても言及しており、保有の技術的な複雑性、規制の不確実性、そして過剰な制度化を指摘した。過剰な制度化とは、少数のエンティティが取引市場を支配することを意味しており、ビットコインの価値提案を脅かしかねないとしている。これらのリスクはいずれも、ビットコインが克服しなければならないハードルである。

アークは2015年にグレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)の株式を購入した。2018年にはビットコインの規制や税制度を懸念して一旦現金化していた。その後アークは再びGBTC株を保有しているという。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る