COIN TOKYO

  • 2020/11/30
  • 2020/11/30
  • コイン東京編集部

「ビッグマネーがビットコインを推進」―Barron'sが報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ビッグマネーがビットコインを推進」―Barron'sが報じる +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ビットコインは16,200ドルに下落した後、再び18,000ドル台に回復している。週刊投資金融情報専門紙Barron'sは、「ビッグマネーがBTCを推進している」と27日に報じた。



仮想通貨取引所 コインチェック

ビッグマネーがビットコインを推進

過去数が月にビットコイン市場に機関投資家の資本が流入している。オンチェーン指標、取引所の取引量の増加傾向、グレイスケールのビットコイン投資信託の運用資産の拡大などは、ビットコインの需要の継続的な増加を示している。

2020年のビットコインの強気相場は、以前の動きと異なる点がいくつかある。過去3か月にビットコインは段階的に上昇し続けており、時折の下落から力強く回復してきた。以前の強気相場は主にデリバティブ市場を利用する個人投資家に牽引されたため、ビットコインは大幅な調整を経験してきた。強制清算の連鎖が頻繁に発生し、市場を混乱させてきた。

ビットコインは週末に下落したが、9月以来比較的安定して上昇し続けている。この力強さは、機関投資家の買い需要の増加に裏打ちされているかもしれない。

先週、グッゲンハイムのマクロオポチュニティファンドが、グレイスケールビットコイントラスト(GBTC)に最大5億ドルを投資する可能性があると、米国証券取引委員会に報告した。

テクニカルリサーチャーのKevin Rooke氏は、「グッゲンハイムの50億ドルのマクロオポチュニティファンドがビットコインのエクスポージャーを望んでいる。彼らはSECに修正案を提出し、資金の最大10%をGBTCに投資できるようにした。10%の投資は4億8700万ドルの価値があり、次に大きいポジションより2億ドル以上大きい。」

ビットコインの価格が再び上昇している理由について、暗号投資会社Arcane Assetsの最高投資責任者であるEric Wall氏は「市場の心理」が作用しているとDecryptに語った。

「ここまで市場を牽引してきた強気の触媒はまだそこに非常に大きく存在し、機能しているので、一時的な売り圧力が収まれば上昇を再開するのは時間の問題だ」

ロシアのマイニングサービス会社BitRiverのCCOであるDmitrii Ushakov氏は、短期的な上昇はビットコインがストアオブバリューとして機関投資家に受け入れられていることを示していると語った。こうした傾向が継続すれば、先週の下落は一時的なものとなりそうだ。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る