COIN TOKYO

  • 2020/12/01
  • 2020/12/01
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は遂に大台200万円台突破!今後の展開は?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【12/1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
ビットコイン(BTC)は11月に入り非常に強い勢いで上昇の値動きを見せました。一時は大台である200万円台目前で非常に強い反落を起こしたものの、12月に入ると遂に200万円台を突破する値動きを見せています。今後更に上昇する値動きを見せるのでしょうか?

大台到達のビットコイン(BTC)だが、強い売り圧力は感じられない!

ビットコイン(BTC)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。11月に入り非常に強い上昇の値動きを見せたビットコイン(BTC)でしたが、大台である200万円台到達目前に、利益確定売りの連鎖が発生し、非常に強い反落の値動きを起こしました。

しかし反落後のビットコイン(BTC)は、11月上旬の短期レンジ相場レジスタンスライン及び20日移動平均線に支えられた形で下落を止め、注文比率チャートでも非常に多くの売り注文が減少した動きが確認されたことにより、売り圧力が減った形が確認されました。

11月28日からは再び上昇の値動きとなったビットコイン(BTC)は、12月に入り、遂に大台である200万円台を到達しています。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

本日12月1日までに遂に大台を超えたビットコイン(BTC)。大台であるということから売り仕掛けも多数存在している可能性もありましたが、直近のローソク足に伴うローソク足は非常に高いものとは言えない段階です。

11月26日の大きな反落によりビットコイン(BTC)の売り圧力は落ち着きを取り戻した可能性がある状況です。

今後意識される上値は遂にビットコイン(BTC)の過去の最高値である230万円台が意識されることになります。

逆に今後上昇の値動きが伸び悩み、下値を落とす展開となる場合、MACDでのダイバージェンスが発生してしまい、これまでの勢いのあった上昇チャートに終止符が打たれてしまう可能性も頭に入れておきましょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後、仮に反落の値動きとなってしまう場合、ダイバージェンス発生の危険性もあるビットコイン(BTC)ですが、出来高の観点では未だ強い反落の兆しは確認されておらず、今後も上値を伸ばす可能性は十分に考えられる状況でしょう。

また12月は暗号通貨のアノマリーが存在する時期でもあり、今回もアノマリー通りに動くのか興味が沸く状況でもあります。

11月26日の反落後、押し目買いの動きが出現した可能性があるビットコイン(BTC)。大台を超えたことで今後も更に買い圧力が増す可能性は十分に考えられるでしょう。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

大台を超えたビットコイン(BTC)は長期的には、230万円台まで上値が意識される展開です。

下値に関しては、仮に200万円台がサポートラインとして確認された場合、注文の買い足しは更に発生しやすい相場へとなるでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る