COIN TOKYO

  • 2021/01/01
  • 2021/01/01
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は2021年に入り、上昇への値動きへ転じれるのか?リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【1/1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
リップル(XRP)は2019年11月に暴騰の値動きを見せたものの、12月に入ると上昇を上回る程の下落を起こす展開となりました。2021年に入りリップル(XRP)は1月中に上昇チャートの値動きへ転じることが出来るのでしょうか?チャートを分析していきます。

リップル(XRP)は高い出来高を伴う大陰線形成後、下落の勢いを弱める

リップル(XRP)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのXRP/BTC 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。2019年の11月に暴騰の値動きを見せたものの、12月に入るとそれを上回るほどの下落の値動きを起こしたリップル(XRP)。

12月29日には12月の最安値を更新する値動きとなったものの、高い出来高を伴う形となり、ローソク足には長い下ヒゲが形成される形となりました。

チャート上では下降チャートに対して鍋底が形成され、底値を示すサインが出現しつつあるリップル(XRP)は今後2019年12月23日の安値を超えることが出来るのかが一つの注目ポイントとなります。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD日足

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも対BTCチャートと同様に2019年に急上昇の値動きを起こし、12月には上昇分を上回る程の下落を見せたリップル(XRP)。

対法定通貨チャートでも12月29日に12月23日の安値を更新する値動きとなったものの、ローソク足には長い下ヒゲが形成され、高い出来高も伴っています。

チャート上にて鍋底に近い形が形成されたリップル(XRP)は今後上昇の値動きへ移行するのか注目できるポイントとなっているでしょう。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

12月に安値を更新する値動きとはなっているものの、ローソク足の形や出来高の反応から、今後上昇への値動きへ転じやすい相場には移行しています。

上昇チャートが形成されるかどうかのポイントは12月23日の下値を上回ることが出来るのか注目です。仮に12月23日の価格帯がレジスタンスラインとして機能する場合、ダウ理論からも下降トレンドが継続という形となり、2021年の1月上旬は更に下降チャートが続く可能性があるため注意が必要でしょう。

12月23日の下値を明確に更新する値動きとなった場合はそのまま上昇チャートへの期待を持ちましょう。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)チャートで今後注目したいポイントとして、12月23日の下値である0.000095BTC台がレジスタンスラインとなるのかどうか注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る