COIN TOKYO

  • 2021/01/07
  • 2021/01/07
  • コイン東京編集部

企業の現預金の「ビットコインへの潮流は激流に」-米著名投資家ビル・ミラー

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業の現預金の「ビットコインへの潮流は激流に」-米著名投資家ビル・ミラー +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
米著名投資家ビル・ミラー氏は企業が手元現預金をビットコインに換えることで、さらなる資産価値の拡大に寄与する可能性があると語った。ミラー・バリュー・パートナーズLLCのビル・ミラー氏は1月5日に公開されたブログ記事で以下のように書いている。



仮想通貨取引所 コインチェック

ビットコインへの潮流は激流に

「インフレ率が上昇した場合、または上昇しなくとも、より多くの企業が手元現預金の一部をビットコインに分散することを決断した場合、ビットコインへの相対的な流れは激流になるだろう」


ビットコインに直接投資している企業は増えてきている。昨年夏にMicroStrategyのマイケル・セイラー氏は昨年、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ政策を緩和したことで、ビットコインに投資を開始した。Twitter創業者ジャック・ドーシー氏の運営する決済企業スクウェアは、約5000万ドルをビットコインに投資している。

7日にビットコイン価格は史上最高値を更新し、35,049ドル付近まで上昇した。ビットコインは2020年に300%余り値上がりしたが、上昇の勢いは衰えていない。直近では、カナダの会社Mogoが手元現金でビットコインを購入した後、米国のAR(拡張現実)会社Nextech AR Solutionsは、200万ドル相当のビットコインを購入した。

【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る