COIN TOKYO

  • 2021/02/07
  • 2021/02/07
  • コイン東京編集部

ビットコインが4万ドル台に回復、クジラの売却が枯渇して過去最高値更新を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインが4万ドル台に回復、クジラの売却が枯渇して過去最高値更新を目指す+仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ビットコインは23日ぶりに4万ドル台に乗せており、8日前の暴落から強気の勢いを取り戻している。ビットコインはテクニカル上の強気を表しており、オンチェーンデータとファンダメンタルズがそれを裏付けている。



仮想通貨取引所 コインチェック

ビットコインが4万ドル台に回復、クジラの売却が枯渇して過去最高値更新を目指す

三角持ち合いをブレイクし、38,000ドル以上への回復を確定させたビットコインは、現在テクニカル的にカップ&ハンドルパターンを形成している。過去最高値である42,000ドルが主要な抵抗線となり、40,000ドルと38,000ドルがサポートとなる。

ビットコインが42,000ドル以上を突破した場合、価格発見モードに移り、再び青天井相場を再開させるだろう。そうなれば、ビットコインは56,000ドル~63,000ドルに上昇すると予想される。根拠として3つのポジティブなファンダメンタルズがある。

1、CryptoQuantのキ・ヨンジCEOによると、米国の暗号資産取引所Coinbaseでビットコインが37,413ドルの時点で15000 BTCもの大規模な出庫が観測されており、富裕層の投資家がビットコインを蓄積していることを示している。1月下旬以降に取引所のBTC残高が下落を再開させる一方で、1,000 BTC以上を保有するクジラの数も増加傾向にある。

2、FTXリーダーボードのトップトレーダーHigh stake Capitalは、大規模なステーブルコインの流入が観測されており、資本がビットコインに戻ってきていると推測している。

3、大型クジラは1月の最終週に大幅に売却を完了し、現在のビットコインは大きな売却圧力から解放されているようだ、1月下旬以降、取引所のビットコイン流入が減少しており、ビットコインが取引所から純流出している。マイナーが先週ビットコインを大量に売っていたとみなされている。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る