COIN TOKYO

¥372,570
BTC +0.53%
¥9,859
ETH +0.55%
¥33.04
XRP +0.75%
¥8,558
BCH +1.64%
  • 2018/02/03
  • コイン東京編集部

クラウドマイニングとは?マイニングが分からない人でも稼げるの?

確実な投資先を選ぶのがポイントです

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨で利益をあげる手段として、クラウドマイニングを選んでいる人もいます。
クラウドマイニングは基本的な知識さえおさえれば誰でも簡単に始めることができる仮想通貨投資法のひとつ。聞きなれない言葉ではありますが、企業が運営するマイニング事業に出資するだけなので、技術力のある会社を選ぶことさえできれば手軽に資産を運用することが可能です。日本でも大手インターネット会社であるGMO株式会社や、DMM.comがクラウドマイニング事業に力を入れています。聞き覚えのある企業が参加していると知ると、一気に身近に感じられますよね。
今回はマイニングがわからない人でも稼げるように、クラウドマイニングについて仕組みやポイントをまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも「クラウドマイニング」とは

クラウドマイニングは企業が運営するマイニング事業に出資する投資方法。
マイニングとは採掘という意味をもつ言葉で、仮想通貨の取引でおきる記録を取引台帳へ追記する作業を意味します。クラウドとは委託のことです。なので、クラウドマイニングとはあなたが出資したお金をもとに企業がマイニング作業を代行。それで得た利益を配当するという仕組みです。
なので詳しい知識がなくても大丈夫。実際にマイニング作業をするのは企業に勤める専門家なため、あなたはどの企業に出資するかを選ぶだけでいいのです。信頼できるマイニング団体や事業部を選べれば、何もしなくても安定して利益を得ることが可能。ただ、マイニングがうまくいかなければ配当もゼロになってしまうため、どれだけの利益がでるかは団体選びで決まると言っても過言ではないのです。

圧倒的な資金が必要になるマイニング作業

実は、マイニング作業には圧倒的な資金が必要になります。もともとマイニング作業には余っているコンピューターのリソースを使って行うもので、一般ユーザーがマイニング作業に参加することもありました。マイニングを行えばその対価として新しい仮想通貨を手に入れることができたため、それを専門に稼ぐ人もいました。
しかし、市場が高騰していくにつれ、マイニング作業には多くの計算量、それに対応できる計算機を動かすための電力などが必要になりました。結果的に、現在は企業ベースで行っているところが増加。中でも電力が比較的安い中国などで盛んにおこなわれています。
仮想通貨の中には個人がマイニング作業を楽しむのをよしとするコインもあり、企業と一般ユーザーのマイニング市場は分かれ始めているのが現状です。つまり、それぞれのマイニング文化は衝突することもなく、クラウドマイニングは今後も拡大していくのではないかと予想できます。

クラウドマイニングのメリットとデメリット

そんなクラウドマイニングのメリットは大きくわけて3つあります。

1.初期費用が必要ない
なによりも大きいのは、初期費用が必要ないということです。クラウドマイニングの場合、自分でマイニングをするときのように特別な設備を用意しなくても大丈夫。実際にマイニングを行うのは出資先のため、元手は投資したい金額だけで済みます。

2.電気代の必要がない
実際にマイニングを行うのが出資先であるため、電気代の心配もする必要はありません。普段の自分の生活を変えずに挑戦できるのは大きなメリットですね。

3.マイニング知識も不要
クラウドマイニングの場合、出資額を用意し、出資先を決めるだけで始めることができます。そのため、マイニングそのものの知識も不要です。もちろん興味のある企業がどのようにマイニングをしているか知っておくと、より成功率の高い投資ができるでしょう。しかし、クラウドマイニングの場合は自分でマイニングをするときよりも圧倒的に手間が少なくて済むのです。

クラウドマイニングを始める前の注意点

ただ、もしこれからクラウドマイニングを始めるのであれば、投資先のマイニング工場が実在するかは必ず確認しましょう。なかには出資を集めるだけ集めて消えてしまう、フィッシング詐欺のような被害も発生しています。こういった悪質な手口は、インターネットを使い口コミや企業情報を確認するだけでも回避することができます。会社の所在地を検索したり、公式ホームページを必ずチェックするようにしましょう。
マイニング事業を行っている会社の中には、企業ホームページでマイニング工場の様子を公開しているところもあります。クラウドマイニングは出資先選びがポイントになりますから、ぜひ情報をしっかりと集めて挑戦してくださいね。

クラウドマイニングはマイニングの知識がなくても始められる投資方法

クラウドマイニングを始める前にはマイニングの知識はなくても大丈夫です。しっかりと運営している投資先さえ選ぶことができたら、出資額に応じて利益をあげることができます。元手も出資額のみで経費はかかりませんから、手軽に始められる投資方法だといえますね。
もし、どのクラウドマイニング事業にするか迷った場合は、できるだけ利用者の多い有名どころから挑戦するのをおすすめします。2014年から提供されているアメリカの「Genesis Mining」や、1年間の契約から挑戦できる「HashFlare」などであれば倒産の可能性も低く、クラウドマイニングの感覚をつかむのにはちょうどいいと思います。焦らず自分に合うクラウドマイニング事業を見つけ、理想的な投資をしていきましょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る