COIN TOKYO

  • 2018/02/17
  • 2018/02/17
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

欧州の銀行、ビットコインのポジションを取るか

このエントリーをはてなブックマークに追加
欧州中央銀行総裁は、欧州の銀行が、米国取引所によるビットコイン先物取引のような動きの後、ポジションを握ることができると公的に述べました。

欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁は、今週の欧州議会で開会あいさつと閉会挨拶を行いながら、会議中に他の出席者による議題を参照しながら、仮想通貨の議論を重視しました。ECBのチーフは、当局は仮想通貨を保有する欧州の銀行の現在のトレンドを観察していない、と明らかにしました。欧州連合(EC)の金融機関は、ビットコインのような仮想通貨に対する個人の関心と興味は高まっているにも関わらず、きちんと監視などされていないことを示している、と述べました。

この傾向は、主流金融機関に浸透している仮想通貨の出現によって変化する可能性がある、と中央銀行は認めました。


―ビットコインの先物取引など米国取引所による最近の動きは、欧州銀行もビットコインのポジションを維持することになる可能性があり、われわれはそれをみることになるでしょう― マリオ・ドラギ総裁

銀行が仮想通貨をポートフォリオに入れる場合は、規制されていないビットコインや仮想通貨を「非常に危険な資産」とみなして積極的にリスクを考慮する必要があると述べているにも関わらず発したこの声明は、注目すべきものです。多くのウォールストリート銀行、世界最大のデリバティブ取引所CMEグループは、シカゴオプション取引所(CBOE)が1週間前に独自のリストを作成した後、12月中旬にビットコイン先物取引を上場しました。

EUの中央銀行総裁はまた、監督機関や銀行に対するデジタル資産のリスクを監督するための「単一監督メカニズム」を通した今後の統一見通しを示唆しました。

ドラギ総裁は以前、欧州中央銀行(ECB)にはビットコインを規制する権限がないと述べていますが、今週の発言では、欧州銀行や多国籍企業間で採用されているビットコインや仮想通貨に対する監督ではなく、2016年10月後半にECBが規制を検討するのに十分な成熟度を達していないことを示唆しました。

ドラギ総裁は、11月にはビットコインと幅広い仮想通貨セクターの影響が「かなり限られている」とし、いくつかの機関を通じて通貨供給の管理を根本的に分権化された仮想通貨として中央銀行へどんなリスクも提起しませんでした。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード