COIN TOKYO

  • 2018/02/21
  • 2018/02/21
  • コイン東京編集部 新崎優太

【チャート分析】2月20日イーサリアムクラシック高騰!相場は今後どうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
来月にハードフォークを宣言しているイーサリアムクラシック。このニュースが一つの要因となり、現在ETCのチャートが上昇傾向にあります。2月20日は特に価格値の上昇が大きく、今後の相場が気になるところです。ここでイーサリアムクラシックのチャートを振り返ってみましょう。

イーサリアムクラシックとは?

イーサリアムから分裂してできた仮想通貨です。分裂の理由は、イーサリアムのプラットフォームから作られた「the DAO」がハッキングされた事件がきっかけです。このハッキング事件により、当時60億円以上ものイーサリアムが不正送金されました。この解決案として、イーサリアムは「ハードフォーク」を提案しました。

ハードフォークとは、指定したブロックから全く新しい仕様に変え、それ以前のブロックの互換性を無くすというものです。このハードフォークをすることで、不正取引された60億円以上のイーサリアムを使えないようにしました。結果、この不正事件は解決されたのですが、この解決案はイーサリアムの特徴である非中央集権ではないと一部のコミュニティが反発します。そしてこの反発したコミュニティにより作られた新たなイーサリアムがイーサリアムクラシックなのです。

3月にイーサリアムクラシックから「カリスト」へとハードフォーク予定

今回、チャートを上昇させた大きな要因と考えられます。カリストへとハードフォークし、変更する内容の一部に、サイドチェーンを利用することを発表しています。サイドチェーンを利用することで、機能の拡大・簡素化が期待できるでしょう。更にハードフォークと同時に、ETCを保有している人に、エアドロップを行うことも発表しました。この発表が、イーサリアムクラシックの価格を上げている更なる理由といえます。

日足チャート(ETC/USD)

日足チャートをみていきます。2月6日に13ドル台を底値として、2月14日まで上昇を続けました。14日には35ドル台で上昇が止まります。その後、上昇は止まるも、長い下ヒゲをつけながら上値抵抗線を試している様子が伺えます。2月19日には上値抵抗線を突き抜け、一気に上昇を開始しています。20日には一目均衡表の雲を完全に抜けています。今後このまま上昇する場合は、1月14日に一度反発している46ドル台が一つの目安になるでしょう。

時間足チャート(ETC/USD)

4時間足チャートをみていきます。5日移動平均線が25日移動平均線をゴールデンクロスし、順調な上昇トレンドを形成しています。RSIとボリンジャーバンドから、現在上がりすぎたETCは一度軽く下がる可能性もあるため、購入する際には注意が必要です。

今後のイーサリアムクラシックの相場は?

来月にハードフォークと、エアドロップが行われるという発表を期待に、チャートは上昇をしています。エアドロップはETCを保有しているということが条件のため、今後も更に価格が上がる可能性は十分にあるでしょう。しかし、発表までまだ半月はあります。それまでに一度決済利益を出す投資家も増えてくる可能性もあるため、節目となる45ドルや、直近の最高値の46台に近づいてきた場合注意も必要でしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!