COIN TOKYO

¥929,600
BTC +0.89%
¥24,135
ETH +0.88%
¥25.30
XRP +0.72%
¥33,189
BCH +1.03%
  • 2018/02/25
  • 2018/02/25
  • コイン東京編集部 新崎優太

仮想通貨IOTAがフォルクスワーゲンと提携!この大きなニュースは今後のチャートに影響するか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン社は自動車分野の変革を促進するため、IOTA技術を利用すると発表しました。ドイツの自動車大手が開発した開発計画には、IOTA財団の名前も含まれています。仮想通貨「IOTA」にとって、現在の市場における立ち位置やこれまでの推移を考慮すると、フォルクスワーゲンとの関係は、今後の価格に好影響を与える可能性が高い重要な指標となりそうです。

一つの指標として、昨年のリップルの急成長を分析すると類似点が見られます。リップルも同様に、多くの肯定的なニュースにも拘わらず価格トレンドに影響を与えていませんでした。IOTAがベータ版段階を卒業して年度末(おそらく9月)までに完全な成長に達すると言えそうです。この時点での投資家の戦略は、次のセッションでIOTAを評価して購入しておくほうが良いとも言えそうです。今日低価格で購入し、その後IOTAの価格が引き上がる可能性が高いと言えるでしょう。

実際には


※IOTAへのサポートを表明するVW社CDOのJungwirt氏(BGW18にて)

価格上昇のため、IOTAには多くの前提条件が揃っています。実際に、フォルクスワーゲンは、伝統的な車両から自動運転車に切り替えることを目指しています。フォルクスワーゲンCDOのJohann Jungwirth氏によると、IOTA財団は自動車産業が自律的シナリオに世界中で移行する上で重要な役割を果たします。これは画期的な変化に関する話であり、それ故に将来のコイン価格の上昇についての予測は肯定的になると考えられそうです。フォルクスワーゲンCDOが先月からIOTA財団に加わっているという事実も踏まえると、IOTAに投資するには十分な要素が用意されていると言えそうです。

IOTAの価格に注目すべきもう一つの理由は、過去のチャートに関係します。IOTAはしばらくの間、価格や市場で時価総額順位の面で価値を下げていました。この後退は、古いポジションを取り戻すための不要な経営努力のために発生しました。実際に、IOTAは昨年末にマイクロソフトとの怪しげな提携のニュースを発信したために、驚異的な下落を引き起こしました。当初、IOTAはIoT市場の立ち上げについてマイクロソフトと合意に達したと表明しました。しかしその後、マイクロソフトがこの構想に参加する企業の一つにすぎないと、発言を修正しました。


「自律的な価格設定、駐車、充電、清掃、メンテナンスなどの支払いを行う起業家としてのMaaSの自動運転車を想像してみてください。私は分散型台帳技術と分散型コンピューティング、特にタングルを大いに信じています。#IOTA」

今回は、フォルクスワーゲン自身が関係性を発表しています。この事実は、IOTAの価格を引き上げる可能性が十分にあると言えるでしょう。

参考:
https://ripplenews.tech/2018/02/24/iota-will-partnership-volkswagen-affect-quotations/

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る