COIN TOKYO

¥442,801
BTC -0.14%
¥15,072
ETH -0.23%
¥33.94
XRP -0.19%
¥18,153
BCH -0.32%
  • 2018/03/14
  • コイン東京編集部

仮想通貨エレクトロニウム(electroneum/ETN)とは?特徴や将来性、購入できる取引所を解説します

このエントリーをはてなブックマークに追加
electroneumとは、イギリスで開発された仮想通貨です。

公開日時:2017年10月31日 
発行枚数:210億
時価総額ランキング:50位(2018年3月現在)
時価総額:約500億前後(2018年3月現在)

詳細をご説明していきます。

electroneumの特徴

《スマートフォンユーザー向けに開発されている》
スマホでウォレットの管理からマイニングまで様々な機能を利用することが可能です。おもに送金・決済・マイニングです。あまり仮想通貨に詳しくない多くの一般の方にも利用してもらうことを目標としています。

《強靭なセキュリティ》
オフラインのウォレットを採用し、ハッキングのリスクを軽減しています。WEBサイトから簡単に入手可能です。

《モバイルマイニング》
マイニングは知識が無いと行えないようなイメージがありますが、あまり詳しくない方にもゲーム感覚で利用してもらえることをめざしています。

《取引の早さ・匿名性》 
様々なゲームやアプリを共有できる一方、非常に高いセキュリティで個人のウォレットは守られています。

《ICOで大成功》
electroneumはICOで約40億円を調達しました。ダンカン・ローガン氏(RocketSpaceのCEO)がelectroneumを評価していて、初めてICOでの購入をしたそうです。同氏が運営するRocketSpaceはUberやSpotifyなどの企業を生み出してきました。

《マカフィー氏の発言で急上昇》
「とりあげた仮想通貨は価格を急上昇させる」と有名なジョン・マカフィー氏(McAfee創業者)がelectroneumのセキュリテイ面を評価するコメントを発信し、実際に同氏のツイート直後に価格が大きく上昇しました。

気になるelectroneumの相場

electroneumは2017年11月2日に取引を開始しました。2017年12月22日は有名なジョン・マカフィー氏の発言の影響により約1ETN=$0.11を記録し、その後2018年1月に入ると約1ETN=$0.20を記録しましたが、一時下落するも2018年2月現在の価格は約1ETN=$0.07となっています。

electroneumを購入出来る取引所

現在はクリプトピアのみです。クリプトピアは、ニュージーランドの取引所で取り扱いのある仮想通貨は500種類以上です。世界でもトップクラスの取引所で他の取引所でまだ取引されていない草コインの取り扱いが豊富です。草コインを見つけるには最適な取引所ともいえそうです。

electroneumの将来性

現在、ゲーム内のコインと仮想通貨を換金できるような計画を進めているようです。もし実現すれば、違うゲーム同士でも通貨を使えることが出来るようになり、非常に画期的な試みだといえます。electroneum開発のテーマは“スマホフレンドリーな仮想通貨”です。市場規模が大きくなりつつあるスマホ業界でのビジネスに大きな影響をもたらす可能性も大きいですね。今後の開発に期待がかかります。

electroneumまとめ

エレクトロニウムは先日、アジアの取引所Kucoinに上場しました。また携帯でマイニングができる『モバイルマイナー』の発表も行い、ニュースが相次いでいる状況です。投資家からの期待の声も大きく、今後成長が楽しみなコインの1つです。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る