COIN TOKYO

  • 2018/03/23
  • 2018/03/23
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

米連邦保安局、オークションで1,870万ドル分のビットコインを売却

このエントリーをはてなブックマークに追加
米連邦保安局(FAA)は、3月9日に行われたオークションで、2人の入札者が2,170.7ビットコインを落札したと発表しました。

記者会見で、スポークスマンは、ビットコインは勝利した入札者に渡されたと語りました。1人は2,100ビットコイン、もう1人は70.7ビットコインだそうです。

ビットコインが市場価格で購入されたかどうかは不明ですが、3月22日時点では、ビットコインの総価値は約1,870万ドルです。

オークションに登録された42人の入札権利を持つ者のうち、39人が入札したとのことです。

オークションは3月5日に公表されました。FAAは、コインが14種類の異なるブロック(ロットのような塊という意味)で販売されたと述べました。

最も小さなオークションブロックは約70ビットコインであり、他には13尾ロックに100ビットコインまたは500ビットコインがありました。

FAAが前回2018年2月に開いたオークションでは、3,600以上のビットコインが5名の入札者によって競られました。当時、Riot Blockchainは500ビットコインブロックを1つ購入したと主張していました。

今回の3月19日のオークションで誰がビットコインを手に入れたのかは、明らかにされていません。

今回は、2016年以来、FAAが参加した2度目のオークションです。前回は、2,700ビットコインを売却しました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る