COIN TOKYO

  • 2018/03/21
  • コイン東京編集部

ガクト氏が手掛けるスピンドル(SPINDLE)とは?特徴、将来性、買い方、噂などを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
SPINDLE(スピンドル)とは、投資や資産を管理するプラットフォームで、世界中の投資ファンドへの投資の実現を目指しています。歌手のGackt(ガクト)さんがメンバーの一員になっているという事も話題となったプロジェクトです。

SPINDLE(スピンドル)の目的

中央集権化された国(中央銀行)は財政崩壊を繰り返しています。そこで、集中権限に基づく従来の搾取的な社会構造から解放された”新たな非中央集権化プラットフォーム”でより多くの人々が公平な立場で投資、または管理することを目的としているようです。

現在、ビットコインやその他のデジタル通貨が登場し、分散型市場が急速に発展しています。スピンドルは、投資や資産の管理だけでなく、そのプロセスを享受し、豊かな日常生活をもたらし、自立した生活を営むことが出来るようにしたいという目的もあります。

SPINDLE(スピンドル)の詳細

ブロックチェーンテクノロジーを使用して、すべてを暗号化して記録するため、情報の改ざんは不可能となっています。フェイクの情報に惑わされることなく、安心して投資判断が出来るのです。また、スピンドル通貨を使用して直接投資を行うことで、第三者が投資のプロセスに介入できないような仕組みとなっており、スマートコントラクト技術を使用してブロックチェーンに即座に記録されます。これにより投資家と資産管理者との関係は、従来のように仲介者(銀行や証券会社など)によって左右されることなく、平等・公平に管理されます。

BLACKSTAR GROUP(*)は物事をより良くし、望ましい結果を達成する方法を見つけるために、人と投資の新しい関係をデザインし、投資・資産管理を通してより多くの人が豊かになる未来を実現するために挑戦し続けています。
(*)仮想通貨スピンドルを運営する「人と投資の未来をデザインするエンジニアリング・カンパニー」をコンセプトに事業を行う会社「株式会社BLACKSTAR&CO」です。

通貨記号はSPDです。SPDブロックチェーンはERCー20が使用され、イーサリアムが稼働していることを条件に同じウォレットで異なるトークンをやり取り可能なところが特徴です。

2018年4月からクラウドセール一般公開開始

ロードマップによると2018年1月のプライベートトークンセール(国内)では0.0015ETH=1SPDで、最低購入量は1500SPDでした。2018年4月に全世界にむけてクラウドセールを開始します。また2018年5月以降にSPDトークンの発行、ウォレット付与が行われます。
その後仮想通貨取引所上場を予定している模様です。

保有条件と購入制限

購入画面手前で以下のような条件が提示されています。

・プライベートセールに参加した方は取引所へ上場するまではいかなる譲渡も禁止。
・取引所上場後1ヶ月経過するまで保有するSPDのうち3分の2は取引所での売買禁止
・取引所上場後2ヶ月経過するまでは保有するSPDの内の3分の1は取引所での売却を禁止。

・私は反社会的勢力に属していないし、私はそのようなグループと関係がない。
・3ヶ月以上仮想通貨を所有しています。
・75歳以上の高齢者ではありません。
・保護者を必要とせず、手助けも必要としません。
・過去に証券、デリバティブなどで1年以上投資経験を有しています。
・1000万円以上の金融資産を所有しています。
・金融資産の50%以上をSPDにしません。

詐欺サイトに注意

Gackt(ガクト)さんの動画を巧みに利用し、公式サイトではないところから購入させるという詐欺が多発している模様です。スピンドル事務局は一切認めていないということですので、購入を検討される場合には、よく確認してからのご購入をおすすめいたします。

まとめ

スピンドルはガクト(Gackt)さんがチームの一員という事もあり、大きな注目を集めているプロジェクトです。しかし、ネット上では運営メンバーに対する噂(金融庁から処分を受けた経歴のあるメンバーがいる等)も確かにあります。トークン購入をお考えの方は、情報を慎重に精査する必要があるでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る