COIN TOKYO

  • 2018/03/30
  • 2018/03/30
  • コイン東京編集部 新崎優太

英国ロンドンの仮想通貨取引所LBXにリップル(XRP)が上場、英ポンドで購入可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加
英国の唯一の多種類仮想通貨取引所ロンドンブロックエクスチェンジ(LBX)が、リップル社のXRPトークンをプラットフォームに追加し、取引可能にすることを発表しました。LBXは、リップル対英ポンドの取引ペアを提供する唯一の取引所になります。

唯一のXRP-GBPペアを提供するLBX

昨年11月に設立されたLBXは、リップル対英ポンド(GBP)の取引ペアを提供する唯一の仮想通貨取引所です。時価総額で3番目に価値の高いデジタル通貨(XRP)を追加すると、すでに取引所で利用可能なビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインと取引できるようになります。LBXの創設者はまた、取引所が将来さらに別のコインを追加する予定であると明らかにしました。

ロンドンブロックエクスチェンジの創設者兼CEO、ベンジャミン・デイビス氏は次のように述べています:
「英国の仮想通貨投資家に門戸を開き、コミュニティのニーズに応えるよう行動しています。これは包括的で信頼できる使いやすいサービスに裏付けされた、コイン取引の優れた選択肢です。我々は今週さらに多くのコインを追加する予定なので、チェックしていてください。」

初心者投資家を教育するためチャネルとして、LBXには、ハードフォーク、ICO、ブロックチェーン、コイン、ウォレットに関する詳細情報が記載された「仮想通貨大学」のページもあります。この目的は、トレーダーに市場内の情報に基づいた意思決定に必要な情報を提供することです。

リップルの拡大

リップルがLBXに上場したというニュースは、XRPトークンが着実に主流となりつつある事を証明します。昨日、NewsBTCはXRPの需要の高まりにより、米国の仮想通貨銀行UpholdがリップルのXRPトークンを購入できるオプションを追加したと報じました。サポートされる仮想通貨の総数は8種類になります。また、23種類の法定通貨をサポートしています。

しかし注意すべきことに、リップルの需要が高まっている一方で、最近の市場のボラティリティは過去24時間で価格の下落を見せています。コインマーケットキャップによると、リップル(XRP)は現在0.53ドルで評価されており、7.38%減少しています。過去7日間では、この価格はほぼ20%低下しました。

先週、リップルがブロックチェーンを基本としたクロスボーダー決済プラットフォームが今年後半に中国市場に打撃を与えることを「非常に確信している」と報じられました。まだ初期段階ですが、同社はアジア太平洋地域への展開を鋭意進めており、現時点では中国の規制当局と議論して最善のアプローチを検討している模様です。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る