COIN TOKYO

¥755,161
BTC +0.13%
¥27,556
ETH +0.58%
¥64.38
XRP +0.55%
¥55,060
BCH +0.52%
  • 2018/04/06
  • コイン東京編集部

リップル社のXRP Ledgerで ICOを実行するAllvor社、その狙いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル社のXRP Ledgerで仮想通貨トークンが発行できると判明して、小さな開発グループが最初にそれを行おうとしています。

複数の点で奇妙に思えるかもしれません。第一に、XRP Ledgerとリップル社との関連性です。サンフランシスコのスタートアップは仮想通貨から距離を置き、主に世界の大手金融会社に分散型元帳技術を提供することに集中してきました。第二に、XRP Ledgerはオープンソースであるが、プラットフォームとしては正確には知られていないという事実です。

しかし、イーサリアムは仮想通貨を開始したい起業家のためのブロックチェーンとなっていますが、最近ではかなりの数のトークン発行者が代替手段を探していることが判明しています。XRP Ledgerは電子決済の合理化に重点を置くブラジルに拠点を置く小さなAllvor社にとって、彼らが求めるトークンベースのビジネスを実行するための魅力的な選択肢であることを証明しています。

そして彼らは最大限に興奮を表しています。
「リップル社によって開発されたXRP Ledgerはこれまでに創造された中で最も効率的な分散型データベース技術です。」と、Allvor社のホワイトペーパーを見れば、まるでこの技術のファン雑誌のようです。

同社によると、XRP Ledgerの主なセールスポイントはスピードですが、リップル社の分散型台帳が仮想通貨トークン誕生の完璧な場所だと考える理由はいくつかあります。

それでも、リップル社はこのアイデアにはあまり喜んでいないようです。声明のなかで、同社は本質的に公開された、パブリックコードベースのために、その技術の外来の使用を防ぐことはできないと強調しました。

リップルの関係者によると:
「XRP Ledgerはオープンソースで分散型プラットフォームなので、人々は自分が望むものを造れます。しかし、リップル社はXRP LedgerのICOを促進したりサポートしたりすることには興味がありません。」

そして、こうした無関心によって問題が起きる可能性があります。

オプトインエアドロップ(選択式)

1つとして、Allvor社は使命とする電子商取引の合理化を成功させるために、単なるトランザクションを解決するだけではなく、システムを必要としています。

マーチャントの物流、顧客管理、マーケティングソフトウェアと統合するシステムが必要です。そのためAllvor社は "ALV"と呼ばれるトークンを発行し、トークンが相互作用するプラットフォームを構築しています。

Allvor社の共同設立者であり、ブラジル経済省の職員であるCleyton Domingues氏は、「ALVの支払いを10分以内に実現するソフトウェアやプラグインを、あらゆる規模の小売店がインストールできるのが理想的です。私たちの課題は、統合を可能にするソフトウェアを開発することです。」

しかし、投資家を持たずにプロジェクトを自力で起こした同社は、XRP Ledgerはすでに様々な利益を提供していると経営幹部が信じているため確信を持っています。

たとえば、Allvor社のホワイトペーパーによればXRP Ledgerの「ハイブリッド支払いゲートウェイ」技術により、真にグローバルなシステムをより簡単に設定できるようになるとしています。

また、XRP Ledgerのユーザーは取引を希望するユーザーと「トラストチャネル」を設ける必要があるため、ユーザーは受け取る仮想通貨トークンをより管理できるようになるとしています。これは特に重要です。なぜなら最近、小売業者と機関投資家のによってトークンエアドロップのスパム性を不安視されてきたからです。例えば、発行者は単にトークンの量に基づいて新たなトークンをユーザーにばら撒くことができました。

しかし、リップル社のシステムはユーザーがトークンを受け取るようオプトインする必要があります。

Allvor社はALVトークンを1000億枚発行しています。3月27日現在の保有量に基づいてXRP保持者(オプトインしている場合)に5%が送られます。

最初ではない

それでも、投資家はこうした出口戦略が難しい市場への参入には、注意が必要かもしれません。

ブルームバーグによると、最近のXRPの人気急増にもかかわらず(現在、時価総額で3番目に大きい)、リップル社のエグゼクティブはコインベースやジェミニなどの主要な米国の取引所に本家の仮想通貨を上場させることに苦しんでいます。

しかし、業界の起業家でビットコインブラックフライデーの創設者であるジョン・ホルムクヴィスト氏は、リップル社のプロトコルはあらゆる種類の資産を代表する分散型の分散取引所として機能するように設計されているため、問題はないと述べました。

なお、ホルムクヴィスト氏について知っておくべきことがあります - 彼は実際に2017年6月にリップルでトークンを最初に発行しました。

ホルムクヴィスト氏はICOを通じてXRPで1,500ドルを獲得しましたが、約1ヶ月後に米国証券取引委員会(SEC)がThe DAOに関して発行したガイダンスに続いて、規制の触手を免れるために投資家の資金を返済することに決めました。

ホルムクヴィスト氏はコインデスクにこう語っています。「多くのICOが最初のものとなるのをためらうと思います。」

彼は、この概念が受け取った気乗りしないコメントを気にせずに、より多くの起業家がトークン発行のためにXRP Ledgerの利益を享受することを期待しています。

そして未開拓の可能性がたくさんあると、ホルムクヴィスト氏は付け加えました:

「リップルのコミュニティは非常に強いと思います。その事とは無関係に、多くの投資家がXRPを所有しているそのブロックチェーンネットワークは誰でも活用できます。」

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る