COIN TOKYO

  • 2018/04/14
  • コイン東京編集部

世界初のネム(NEM)ベースのPOS端末がPundi Xによって公開!2万台が発送予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
インドネシアを拠点とするブロックチェーンのスタートアップPundi X社は、ブロックチェーンベースのPOS端末装置「Pundi XPOS」を発表しました。Pundi XPOSにより小売店が仮想通貨決済が可能になります。さらに、公式MediumではNEMブロックチェーン上でのみ動作するPOS端末「NEM XPOS」を公開しました。Pundi X社は2万台のNEM XPOSデバイスを発送する予定です。

Pundi XPOS

Pundi XPOS端末は、小売店に仮想通貨と法定通貨間の決済取引をより簡単にします。

取引は、法定通貨(ドル、ルピー、バーツなど)と一緒に仮想通貨を選択することによって行えます。BTC、ETH、XEM、XLM、QTUM、PXSおよびその他多くの仮想通貨が取引に使用可能です。小売業者や消費者は、市場動向に応じて銀行カード、携帯ウォレット、Pundi X PASSを使用して簡単に取引することもできます。

XPOSはブロックチェーンに直接接続されているため、すべてのトランザクション(取引)が記録されます。

NEM XPOS

Pundi Xは、最近NEMベースのPOS端末「NEM XPOS」を開始すると発表しました。これらのXPOSデバイスは、NEMブロックチェーンでのみ独占的に動作します。NEM XPOSデバイスはXプラグインを介してNEMブロックチェーンに接続されます。ブロックチェーン開発者は、Pundi XプラットフォームAPI経由でデジタルウォレットに接続でき、スマートコントラクトも作成できます。

この新しいNEM XPOSデバイスで選択できるトークンは、XEMトークンと2つの他のXEMモザイクトークン、PXSXEMとXARです。チームは今後、XEMモザイクトークンの数を増やす予定であると述べています。

NEM財団の元代表のロン・ウォン氏は次のように述べています:
「NEMはPundi Xと提携して、ブロックチェーン開発者とそのユーザーが直面する最大の課題を解決して、多くの消費者が日常生活に簡単にアクセスできるようにするために協力してきました。初めて、NEMベースのトークンが店頭で受け入れられることになり、多くの人に利用されるでしょう。」

Pundi X社は現在、20,000台のNEM POSデバイスを生産する予定です。これらのデバイスは、NEM 財団とそのパートナーに配信されます。

Pundi XPundi XのCEO、Zac Cheahは以下のように述べています:
「消費者がブロックチェーントランザクションを利用すると、より高速なユーザーエクスペリエンスが求められます。これが、私たちのXPOSデバイスにNEMプライベートチェーンを導入する主な理由です。」

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る