COIN TOKYO

  • 2018/04/17
  • 2018/04/17
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

仮想通貨XCP(カウンターパーティー)とは?発行の仕組みや今後の将来性についても!

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨のイメージ
この記事では、仮想通貨XCP(カウンターパーティー)の基本的な情報についてご紹介します。XCP(カウンターパーティー)という言葉を聞いたことはあるけど、そもそもその意味が分からない方、また発行の仕組みや将来においてどんな価値のある存在になるか気になるという方は本記事をご参考ください。

仮想通貨XCP(カウンターパーティー)とは?

XCPとはCounterParty(カウンターパーティー)で発行されている仮想通貨です。

CounterParty(カウンターパーティー)とは、ビットコインのブロックチェーンを利用した金融プラットフォームのこと。

CounterParty(カウンターパーティー)では、「分散型仮想通貨取引」、「独自通貨(トークン)の発行」を行うことができます。

そのCounterParty(カウンターパーティー)での取引において基軸通貨となっているのがXCP(カウンターパーティー)です。

「XCP」と「CounterParty(カウンターパーティー)」の違いは?

「XCP」や「CounterParty(カウンターパーティー)」を調べられている方で、両者の違いについて混乱されている方もいるのではないでしょうか。そこで「XCP」と「CounterParty(カウンターパーティー)」の違いについて整理してみましょう。

前述の通り、「XCP」とはCounterParty(カウンターパーティー)上での取引の基軸通貨であり、CounterParty(カウンターパーティー)とはビットコインのブロックチェーンを利用した金融プラットフォームです。

「XCP」は“YEN”のように通貨単位を表す表記として利用されていますが、「CounterParty(カウンターパーティー)」は金融プラットフォームを表す場合と“円”のように通貨名を指す場合にも使用されることがあります。

つまり、文脈によって「CounterParty(カウンターパーティー)」が何を指すかが微妙に違ってくるということです。

ですので、「XCP」、「CounterParty(カウンターパーティー)」については以下のように整理しておくとよいでしょう。

CounterParty(カウンターパーティー)…金融プラットフォーム

CounterParty(カウンターパーティー)…通貨名

XRP…通貨単位

「XRP」とは通貨単位、「CounterParty(カウンターパーティー)」とは金融プラットフォームおよびそこで取引される通貨「XRP」の呼称ということです。

仮想通貨XCP(カウンターパーティー)の仕組み・特徴について

XCP(カウンターパーティー)はProof of Burn(プルーフ・オブ・バーン)という仕組みによって発行されている仮想通貨です。

では、Proof of Burn(プルーフ・オブ・バーン)の仕組みとはどのようなものなのか確認してみましょう。

Proof of Burnとは直訳すると「燃やした証拠」。ここでは「燃やした」ではなく「使えないようにした」という意味で抑えてみてください。
Proof of Burnとは、いわば「秘密鍵をもつアドレスにコインを送り二度とそのコインを使えないようにした証明」のことです。

XCPはこのProof of Burnの仕組みによって発行されています。XCPがProof of Burnの仕組みによって発行されるまでの一連の流れは以下のとおりです。

(1)Proof of Burnの仕組みによって特定不可能なアドレスにビットコインを送金
(2)(1)によって送金したビットコインは二度と使えなくなる
(3)使えなくなったビットコインの価値に対応するアルトコインが発行される

また、XCP自体をburn(バーン)することで独自トークンを発行することが可能となります。

このトークンとは、いわば個人が発行する株式のようなもの。今後はトークンを発行してICO(イニシャル・コイン・オファリング)によって資金調達をする個人も増えてくるでしょう。

このようにトークン取引によって生まれる経済圏をトークンエコノミーといいます。

XCPは総発行枚数が約260万枚とされています。そしてXCPの発行枚数が今後増えることはありません。

つまり、XCPの保有者がトークンを発行することで、XCPの流通量は減りXCPの価値は増大します。そのようなことからXCPはデフレ通貨であるといわれています。

仮想通貨XCP(カウンターパーティー)によるトークンエコノミー

前述したように仮想通貨XCP(カウンターパーティー)は、Proof of Burnの仕組みによってトークンを発行することができます。

このトークン(Token)とは証拠、引換券、商品券などの意味があり、イメージとしては「仮想通貨版の株式」のようなモノです。

このトークンは、企業はもちろん個人でも発行することができます。つまり、“個人株式”を発行し市場から資金調達を行えるということです。そのようなことから、個人事業主やスモールビジネスオーナーなどからトークンについて注目が集まっています。

<XCPによって発行されているトークンの例>
・Zaif(ザイフ)トークン
・ビットコインクリスタル
・ペペキャッシュ

また、XCPで発行したトークンの認識・価値を共有している者同士であれば、トークンそのものを交換したり商取引を行うことも今後増えてくるでしょう。

このようにトークン取引によって生まれる経済圏をトークンエコノミーといいます。

たとえば、楽天が運営するサービス内「楽天経済圏」ではお金の代わりに楽天ポイントによって取引が行われていますよね。

このようにトークンについての認識・価値が市場に浸透すれば、トークンは私たちが日常的に行う商取引において身近な存在になることが考えられます。

仮想通貨XCP(カウンターパーティー)の価格・価値はあがる?

今後はトークン発行によるICOやトークンエコノミーが普及すると考えられています。実際に、XCP(カウンターパーティー)ではトークンを利用した様々なプロジェクトが進行中です。

トークンエコノミーが普及すれば、現在流通しているXCP(カウンターパーティー)もProof of Burnによってトークン化されていくことでしょう。そうした時、XCP(カウンターパーティー)の流通量は減少しますので、相対的にXCP(カウンターパーティー)自体の価値は上昇することが考えられます。そのようなことからXCP(カウンターパーティー)を投資目的で長期保有されている方もいます。

仮想通貨XCP(カウンターパーティー)を取引できる仮想通貨取引所

2018年3月時点、XCP(カウンターパーティー)を取り扱っている国内の仮想通貨取引所はテックビューロ株式会社が運営するZaif(ザイフ)のみとなっています。

仮想通貨取引所としてのZaifのメリットは、取扱い通貨が多いことやXCP(カウンターパーティー)をはじめとしたトークンの種類が多いことです。

また、取引手数料が他の国内取引所より安いという点もZaifを利用するメリットといえます。

一方、取扱いしているアルトコインの種類が多くないことやサーバーダウンが発生することが多いというのが現状のデメリットとなっています。
また、XCP(カウンターパーティー)を取り扱っている海外の仮想通貨取引所としては「Bittrex」「Poloniex」などが挙げられます。

もし、初めて仮想通貨取引所に登録するという方であれば、日本語対応をしている国内のZaifの利用をご検討してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨XCP(カウンターパーティー)のまとめ

ここまでは仮想通貨XCP(カウンターパーティー)の基本情報についてご紹介してきました。ここで改めてXCP(カウンターパーティー)とは何なのか整理してみます。仮想通貨では、様々はキーワードが出てきますので、今回はちょっと分かりにくい仮想通貨XCP(カウンターパーティー)の解説でした。

・CounterParty(カウンターパーティー)…ビットコインのブロックチェーンを利用した金融プラットフォーム

・通貨単位としては「XRP」と表記され、通貨名の呼称はCounterParty(カウンターパーティー)

・文脈によって「金融プラットフォーム」を指すのか、「通貨」を指すのかが変わってくる

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る