仮想通貨オデッセイ(OCN)が「高騰する」と言われている4つの理由

オデッセイ(OCN)はAIやビッグデータ、そしてスマートコントラクトを活用して、シェアリング経済のコスト削減と効率化を目的とするブロックチェーンプロジェクトです。コインマーケットキャップによると4月1日の0.008ドルから4月22日時点で0.021ドルまで260%上昇しました。今OCNへの投資を検討すべき4つの理由をご紹介します。

目次

1、シェアリングエコノミーの台頭

シェアリングエコノミーは、UberやAirBnBなどに代表される世界で最も急速に成長している産業の一つです。オデッセイは、世界中で最大規模のバイクシェアリング会社の1つであるOBikeへの統合により、すでにこのビジネスで動き出しています。1000万人以上のOBikeユーザーにシンプルで費用対効果の高いソリューションを提供することで、OCNトークンの本質的価値を高めることになります。共有経済が指数関数的な成長を遂げていることを考えると、将来的にはより多くのパートナーシップや拡張が見込めます。

2、4月22日の20億枚のコインリリース

OCN20億枚のリリースを計画しながら、現在これほど価格が上昇した理由として、コインのリリースがOCNが時価総額ランキングを駆け上がるための積極的なアイデアとみなされ、市場の投資家が強気と評価された可能性があります。

大量のコインを市場に追加投入すると、1枚当たりのOCNの価値が下落すると懸念する人もいます。しかし、実際には20億枚のコインリリースは、OCNの時価総額を拡大させる戦略と捉えられます。現在は237位のこのコインが、時価総額トップ100位に入ることは重要な課題です。供給量を増やすことで知名度があがり、多くの投資家が参加すれば、結果的にコインの価値もあがります。

3、OCNはトロンブロックチェーンに切り替える

トロン財団の創設者Justin Sun氏はOCNに様々な面で関与しており、OCNがトロンネットワークに切り替えることは既に公表しています。トロンの成長の早さと将来の成長性を考慮すれば、トロン上でのプロジェクト展開や、Justin Sun氏が関与するOCNのプロジェクトに期待できます。5月末のトロンのメインネット開設によって、影響を受けるでしょう。



目次