ティム・ドレイパー「ビットコインは、私が初期投資をしていたテスラ、スカイプ、ホットメールの"合計"よりも大きくなる」

ベンチャーキャピタリストのティム・ドレイパー氏は、ビットコインは、初期の投資であるテスラ、ホットメール、スカイプを”組み合わせたもの”より大きくなるとしています。「これはインターネットよりも大きい」とドレイパー氏は述べています。初期のインターネット投資家(ドレイパー氏)は、ビットコインが2022年までに25万ドルに達するという強気な主張を繰り返し、ユースケースについて詳述しました。

ベンチャーキャピタリストのティム・ドレイパー氏は、ビットコインが現在の価値にとどまらず、インターネットよりも大きくなる可能性があると言います。

彼が初期投資したテスラ、ホットメール、スカイプと比較して、デジタル通貨はどのようなものなのか、ディベートの際我々が聞いた時、ドレイパー氏はビットコインは“組み合わされたすべてのものよりも大きい”と語りました。

“これはインターネットよりも大きく、鉄器時代のルネッサンスよりも大きく、産業革命よりも大きい“と語りました。ドレイパー氏は、”これは世界全体に影響を及ぼし、今まで想像していたよりも速く、より広められている方法にて影響を受けるだろう“と予測しています。

Draper Associatesというベンチャーキャピタルと、DFJを創業した起業家であるドレイパー氏は、ビットコインが4年以内に25万ドルに到達することを強く繰り返し、ユースケースについて詳述しました。

“5年後には、法定通貨でコーヒーを頼んだ君は、それを見た皆に笑われてしまうだろう、なぜなら君が仮想通貨で払っていないからだ“と、初期のインターネット投資家は述べました。”あなたがもはや法定通貨を望まなくなる分岐点があると私は信じています“

ドレイパー氏は2014年の米国Marshalsサービスオークションにて、約3万ものビットコインを購入し、12月にCNBCに対し、まだそれらすべてのコインを保有していると語りました。そうだとすれば、ドレイパー氏の保有総額は月曜日の時点で約2億6,800万ドルの価値があります。

Overstock.com CEOのPatrick Byrne氏は、ディベートでドレイパー氏と共にビットコインに賛成だと考えが一致し、またセキュリティの問題でも同じく同様に強気姿勢を見せました。

CoinMarketCap.comによると、現在1,500種類もの仮想通貨が存在していますが、ドレイパー氏は、マーケットシェアのために、ビットコインが“巨大な”鉛を持ち、“長きに渡る仮想通貨バトル”に打ち勝つであろうと述べています。

ビットコインは、月曜日の時点ではグローバルマーケットの時価総額の約38%を占めていました。イーサリアムは、次に世界最大のシェアとなり、世界時価総額の約16%を占める一方で、リップルは約8.5%、第3位となっています。



目次