COIN TOKYO

\707,442
BTC +0.08%
¥32,264
ETH +0.29%
¥35.41
XRP -1.24%
¥61,436
BCH +0.63%
  • 2018/05/07
  • コイン東京編集部

クーコイン(Kucoin)取引所が、信頼性の低いトークンに「治療期間中(ST)」マークを表示させる

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨取引所クーコイン(Kucoin)は公式サイトで、品質基準に準拠していないトークンの「特別処置エリア」を開設することを発表しました。現在既に、同社基準による評価の低いコインには「ST」シンボルが表示されています。同社はこの取組の目的について、取引高の少ないコインの上場廃止を防ぐ「治療」であると述べています。

クーコインは24時間の取引量が6,496 BTC(65億円相当)で、市場で35番目の仮想通貨取引プラットフォームです。:2017年11月に設立された新興取引所には、現在、BTCペアの取引市場で140種類のトークンが上場されています。

同社は新たな方針として、一連のルールを公表しました。規則に従って、上場廃止の危機に直面したトークンは「ST(特別処置)」シンボルが表示されます。STマークを貼られたプロジェクトは一定期間の評価対象となります。

クーコインに上場しているトークンは、以下の項目に該当する場合に「ネガティブな状況」と診断され、「特別処置プロジェクト」と指定され、観測後に上場廃止となるリスクのある「観測期間」に入ります。

ネガティブな状況と判断される8つの要因

トークンがST「特別処置」エリアに移動される要因は以下の8項目です。

1、一定期間の取引量低下
2、3か月間の事業活動中止、またはその可能性がある
3、清算、破産、不履行、または破産手続の最中である場合
4、企業監査役の否定的な助言
5、プロジェクト開発、チームのステータス、および上場基準に関して、取引所に要件に従ってレポートの提出、更新をしない
6、プロジェクトチームが解散する可能性が高い
7、市場操作とみなされる悪意のある行為
8.その他の状況として、取引所によって判断されるもの

皮肉なことに、クーコイン取引所は過去数ヶ月の間に他の主要取引所よりも早いペースでトークンを追加してきました。取引所は数千万円にも及ぶ多額の上場手数料を獲得しても、幸せではないことを証明しています。おそらくですが、当プラットホームは事実上すべてのトークンを受け入れてきたことに問題があり、最悪のパフォーマーを取り除かなければならない状況が推測されます。

クーコイン取引所は、「特別処置プロジェクト」が最後通告ではなく、評価の低いトークンを復活させるための「治療」であると表現しています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る