COIN TOKYO

¥759,690
BTC -0.11%
¥27,633
ETH -0.20%
¥64.24
XRP -2.55%
¥55,858
BCH -0.95%
  • 2018/05/12
  • コイン東京編集部

リップルの企業向けブロックチェーンネットワークに、オマーンのドファール銀行が新たに参画

このエントリーをはてなブックマークに追加
オマーンを拠点とする資産管理運用会社、ドファール銀行がリップルネット(リップルのグローバルな銀行ネットワークと決済プロバイダ)に参画したと発表されました。リップルネットでは、リップルのブロックチェーン技術を使い、グローバルで国境を越えた支払いを提供することができます。

ドファール銀行はブロックチェーンに積極的で、2017年2月に開設された、27行からなるコンソーシアムの“Bankチェーン”に入り、銀行セクターの為にブロックチェーンソリューションを研究しました。

ドファール銀行のCIOであるDr.Tariq Taha氏は以下のように述べます。
「これにより、瞬時で摩擦なく、安全な国際送金決済をわずか数秒で成すことができ、またそれを顧客に提供できることができます。支払はエンド to エンドにより、どのように送金されているかを可視化することができます。
特にドファール銀行これらの上記の恩恵をうけ収益を出すために、どのリップル製品を利用しようとしているのか、またはXRP Ledger―XRP暗号化を利用するオープンソースのコードベースを使用しているのかについては言及していないようです。

「このイニシアチブは、ドファール銀行が継続的に変遷する計画の一環であり、デジタル技術とイノベーションを戦略の中核に置き、顧客の経験を向上させています。」と報道は占めています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る