COIN TOKYO

\734,597
BTC +1.03%
¥52,480
ETH +1.07%
¥51.30
XRP +1.09%
¥85,305
BCH +0.61%
  • 2018/05/16
  • コイン東京編集部

リップルCTOステファン・トーマス氏が辞任、XRPを活用した新たなプロジェクト『コイル(Coil)』の立ち上げへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのCTOであり、インターレジャープロトコルの発明者でもあるステファン・トーマス氏は、CTOとしてのポジションを辞任し、コイルと呼ばれる彼独自のプロジェクトを立ち上げることを決定しました。

コイルプロジェクトはコンテンツ管理のために、マイクロペイメントを可能にすることを目的としています。しかし同氏はリップルとの関係を完全に断ち切るわけではありません。何故ならコイルサービスはインターレジャープロトコルを使用し、収益化するためにXRPトークンを使用するからです。

マイクロペイメントはコンテンツを収益化するための、特別新しアイデアではありません。しかしオンライン決済は扱いにくかったため、取り掛かるまえに頓挫しました。しかし同氏は、ユーザーを悩ます現在の収益化する方法の代替案として、このコンセプトを再導入することを目指しています。コイルプロジェクトは、広告表示やユーザーデータを売ることによってコンテンツをサポートする代わりに、XRPマイクロペイメントを通じて収益を上げることを目的としています。

デジタルアセットのXRPは依然として価格が上下していますが、コイルはリップルエコシステムに少しだけ加えられる可能性があり、それによりXRPに有用性をもたらすことができます。

現在、ユーザーが作成したコンテンツを収益化するプラットフォームは他にもありますが、新聞や雑誌等専門の記事は仮想通貨によって収益化されるケースはほとんどありません。 1つの例外としては、広告収益の代わりとして一部の出版物でMoneroスクリプトを公開したことが挙げられます。

しかし今のところ、コイルの正確な構造は不明です。同氏は:
「コイルはインターレジャーを使用し、全ての人々の貢献と寄与が報われるような活気ある市場に盛り上げたい」と述べています。

コイルプロジェクトは、コンテンツクリエイターやキュレーターが報酬を受け取ることのできる、Steemitというサイトに似ている可能性があります。また他にも似たようなソーシャルメディアがあります。
最大の批判は、そのようなソーシャルメディアが質の良いコンテンツを生み出すことができず、代わりに再利用された投稿や記事で収益化することに頼っていることです。ウェブボット(仮想通貨の未来を予測することができるツール)はこれらのネットワーク上でも使用されています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る