COIN TOKYO

  • 2018/05/17
  • コイン東京編集部

中国政府が28種類の仮想通貨の評価ランキングを発表、1位はイーサリアム

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国工業情報化省傘下のシンクタンクである北京情報センター(CCID)は国際パブリックチェーン評価インデックスの第一弾を発表しました。首位はイーサリアム、ビットコインは13番手に格付けされています。

5月17日、工業情報化省のCCID研究所は、国際パブリックチェーン評価インデックスの技術評価指標とランキングの第一弾を発表しました。その結果、第2世代ブロックチェーン技術の代表者でスマートコントラクト機能を有す、イーサリアムが総合129.4点を獲得して首位にランク付けされました。

3つの採点項目

グローバルブロックチェーン技術の評価は、主に3つの指標ー1.基本的な技術レベル、2.アプリケーションレベル、3.革新性、に分けて採点しています。詳細を見ると、グラフェン*アーキテクチャをベースにしたスティームチェーン()は、基本的な技術指標で最高のスコアを示しています。(*Graphene:分散テストネットワーク上で毎秒1000トランザクション以上を維持することが公に実証されている。サーバー容量と通信プロトコルの改良で、1秒あたり10,000回以上のトランザクションに拡張できる。)

スマートコントラクトを使用してデジタル資産の管理を自動化することを目標とするNEOは、アプリケーション評価で第1位にランクされます。革新性部門のトップはブロックチェーン技術の先駆けとなったビットコインです。

中国は世界的なブロックチェーン関連の特許出願数で第一位を占めていますが、格付評価の結果から、この領域では後れを取っていることが分かります。NEOだけがトップ圏内にランクしています。

今回発表された指数は、世界で初めて月次ベースで公表される技術重視の公開チェーン評価指数であると紹介されています。このインデックスの発行は、世界のパブリックチェーン技術開発の現状を十分に研究し、パブリックチェーンの技術革新の動向をタイムリーに追跡し、ブロックチェーン技術の革新と応用を促進するのに役立ちます。

〇第一弾 国際パブリックチェーン評価インデックス

(注:16位~28位は以下の通り イーサリアムクラシック、リップル、ダッシュ、シアコイン、バイトコイン、ライトコイン、アーク、ジーキャッシュ、ナノ、ビットコインキャッシュ、ディークレド、ネム)

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る