COIN TOKYO

¥724,575
BTC +0.07%
¥23,438
ETH -0.30%
¥57.74
XRP -0.36%
¥57,016
BCH -3.11%
  • 2018/05/29
  • コイン東京編集部

ジョンマカフィー氏が「仮想通貨は独立戦争中だ、政府は仮想通貨の革命を妨げようとしている」と発言し、通貨独立宣言への署名を求める

このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットセキュリティソフト、マカフィー社の創業者のジョンマカフィー氏が、地自身のツイッターで「仮想通貨の(独立)戦争が進行中である」と宣言しました。また自身の公式サイトでは価値の独立性を主張する『通貨独立宣言』を発行し、読者に署名を求めています。これは日本語を含む14か国語に翻訳されています。

「仮想通貨の現状は、まさに戦争だ」

5月27日にツイッターに投稿した動画でマカフィー氏は、「強力な政府側は仮想通貨の革命の進展を妨げようとしている」として、立ち上がって行動を起こそう、とメッセージを発信しました。



マカフィー氏は、政府、銀行、クレジットカード会社、および米国証券取引委員会SECを「対抗組織」して言及しました。多くの銀行とクレジットカード会社が最近、仮想通貨支払いのサポートを停止し始めたこと、SECのような政府や規制機関も暗号資産を証券として監視強化しようとしている事を指摘しました。

その後、すべての仲間の仮想通貨投資家に行動を起こすように述べています;
「私たちに何ができるか?行動です。議員に意見しよう。馬鹿げているが、彼らは力がある、働かせよう。自分の銀行に行き、仮想通貨口座との取引を許可するよう要求してください。拒否された場合は、対応する銀行を教えるよう依頼しよう。クレジットカード会社に仮想通貨支払いを許可するよう要求しよう。」

マカフィー氏は、「仮想通貨の愛好家が積極的に、問題の当事者意識を持つ事で、変化が起こる」と述べました。彼はSECに書面を提出するよう強く勧告し、委員会が仮想通貨を有価証券として分類しないよう強く要請しました。

「有価証券ではない。コインです、通貨です。彼らは仮想通貨を恐れている。」

仮想通貨独立宣言

公式サイト「チームマカフィー」は最近、自身が考える仮想通貨ムーブメントの中核的な精神を宣言した『通貨独立宣言』を発表しました。849語の文書は、1776年の米国独立宣言と類似点があります。どちらの文書も、今では有名な「人事の自然の成り行きで」というフレーズで始まります。



「見逃した人へ、14言語に翻訳されています。通貨独立宣言 - 皆のお金を解放し - 皆の心を解放する。」

仮想通貨の独立性

この文書内の一貫したテーマは、「価値」です。そして、現在の金融システムは価値の正当性を維持するため「基本的に操作」されていると主張します。宣言では、価値の概念を本来の形に戻すために、仮想通貨が唯一の方法であると述べています。

「かつて価値が国の権威(中央銀行の通貨発行)によって保証された一方で、人間は数学の不可解な証明と電気の支出を通じて価値を証明できる技術を開発し、実証し、普及してきました。このような概念は、ビットコイン・ブロックチェーンの以前には不可能でした。」

ジョン・マカフィー氏が率いるチームマカフィーは、読者の皆様とその文書の署名を求めています。宣言は、英語、日本語、スペイン語、フランス語、オランダ語を含む14か国語で翻訳されています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る