COIN TOKYO

¥727,768
BTC +0.22%
¥22,816
ETH +0.32%
¥50.85
XRP +0.24%
¥49,040
BCH +0.52%
  • 2018/06/12
  • コイン東京編集部

アメリカ最大手のコインベース取引所が、仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の上場に向けてサポート開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の主要な仮想通貨販売プラットフォームCoinbase(コインベース)が、仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)のサポートを開始すると発表しました。コインベースへの新たな仮想通貨のサポートは、今年3月にイーサリアムベースのトークン「ERC20」の導入意向を表明して以来初めてとなります。

コインベースは、仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)のサポートを開始する予定であると発表しました。ETCサポートのためのエンジニアリング作業は現在開始されています。コインベースの公式ブログによると、事前に報せた理由として、新しい資産を追加する際の同社の規定プロセスの公平性を保つためと述べています。



「 今後数ヶ月以内に、イーサリアムクラシック(ETC)がコインベースに上場します。
こうしてサポートを表明できて喜ばしいです。」

コインベースはETCの「サポートを開始」

イーサリアムクラシックのコインベースでの取引はすぐには開始されません。同社によれば、エンジニアリング作業を進行している間、資産がプラットフォームに追加される動きは一般向けのAPIで確認できてしまうため、先立って公表されました。

「今後数ヶ月で技術統合の最終テスト段階に入れば、ブログやツイッター経由で取引開始日を公表できます。」

コインベース上場へのプロセス

イーサリアムクラシックが統合されると、コインベース社の全製品で利用できるようになります。“コインベース・マーケット”はイーサリアムクラシックを上場して取引サポートを開始し、ETCの注文数が1時間以内に十分な流動性を達成すると、ETCは“コインベース・プロ”と“プライム”でも利用可能になります。これらは同社の取引ルールで定められています。 ETCがプロとプライムに上場された後に、皆が知っている“コインベース”に上場されます。

イーサリアムクラシックはコインベース・インデックスにも統合され、内訳は再調整されます。コインベース・カストディ(保管庫)はイーサリアムクラシックの預金と出金のサポートを追加します。コインベースは、カストディサービスが同社の他のサービスより広範囲のトークンを提供できることを示唆しています:

「コインベース、コインベース・マーケット、プロ、プライムに比較して、カストディはよリ多くの資産をサポートする可能性が高い事に注意してください。」

つまり、コインベース・マーケット、プロ、プライムは、通常のコインベース取引プラットフォームよりも多くの資産を取り扱う可能性がありそうです。コインベース・マーケットへの上場は、コインベース本体への上場を保証しません。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る