COIN TOKYO

¥727,508
BTC +0.17%
¥22,864
ETH +0.31%
¥51.07
XRP +0.30%
¥49,205
BCH +0.48%
  • 2018/06/14
  • コイン東京編集部

イスラエルのIT企業が、国家当局にビットコインで給料を支払えるよう許可を求める

このエントリーをはてなブックマークに追加
イスラエルのハイテク分野では現在、人材獲得競争が過熱しており、そのため企業はより高い給与を提示し、ストックオプションを与え、手厚い福利厚生を従業員に与える傾向があります。そのような企業のうちの1社が、テクノロジーに精通した人材を引き付けるための新しい方法を見つけ出したようです。それは仮想通貨ビットコイン(BTC)で給料を支払うという提案ですが、国家当局がそのプランを許可するかどうかは現時点では分かっていません。

Spot.IM社はビットコインで給与を支払いたい

テルアビブに複数のオフィスを持つIT企業、Spot.IM(本社:ニューヨーク)は現在イスラエル証券局(ISA)と交渉中の段階にあります。交渉の主たる議題は、法定通貨と仮想通貨間の適切な交換であり、このプランを進める上で重要な問題であるといえます。また今年8月には企業とイスラエル証券局が合意に達することが期待されています。

さらに同社は労働省にもう1つプランを提案しており、労働省は政府関係者がこの件について検討をしていると述べています。そのプランとは、ビットコインで給料の全額または一部を受け取ることを望む従業員がいた際に、政府援助のもと企業が高額のシケル(イスラエルの法定通貨)への転換料の費用を吸収することができるというものです。

Spot.IMは仮想通貨のインターネット業界においてWebプラットフォームサービスを提供する会社として有名な企業です。同社は2012年に設立されて以来、合計約3,800万ドルの資金調達を行い、2017年11月のシリーズCにおいてはロシアのビリオネアであるロマン・アブラモビッチ氏や他ベンチャーキャピタルから多額の資金を調達行いました。

銀行が信用できる“ビットコイン”を彼らは築くことができるのか

イスラエルの法律ではビットコインを通貨として、また証券としても正式には認められていません。ですので、規制当局に事前に許可申請をしていないことが法律に違反するとすぐつながるわけではありません。したがって、この会社が現時点で十分な注意を法的機関から受けることは、政府官僚お墨付きである銀行システムと将来合併することを防ぐことを目標としているように思われます。

同社のイスラエル、オペレーション責任者であるIsot Goldberg氏は、新聞社のCalcalist紙に次のように述べています。「毎日最先端技術の一部を扱い、担う者として、私たちは仮想通貨の未来を強く信じています。それでも通貨は信頼によって成り立つものであることから、新たに信託会社、組織や機関を創造することにより、これらの通貨を法的に効力があるものとして認識させていかなければなりません。」

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る