COIN TOKYO

¥712,797
BTC -0.05%
¥23,443
ETH +0.41%
¥35.61
XRP +0.76%
¥48,583
BCH +0.19%
  • 2018/07/10
  • コイン東京編集部

超インフレ中のベネズエラに仮想通貨ナノ(NANO)を寄付!寄付された人は食料102キロを購入

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベネズエラの仮想通貨ユーザーは、ソーシャルメディアユーザーから数十件のナノ(NANO)の寄付を受けた後、家族や友人のために102kgの食糧を購入したという。

ソーシャルメディアで集まった寄付

ソーシャルメディア「レディット」に1週間前に開設されたスレッドによると、ユーザー「Windows7733」は当時寄付金で得た0.5 NANO(〜1.32ドル)がベネズエラでほぼ1ヶ月分の給与であると明かしました。スレッドに集まった複数のユーザーが彼を支援するためにさらに寄付金を送りました。

ユーザーWindows7733は、最近、結果を更新する別のスレッドを開設して、NANOコミュニティのおかげで、29.1 NANO(77.7ドル)を使用して102 kgの食糧を購入したことを明らかにしました。

IDと物資の証明を提示する「Windows7733」出展:Reddit

Windows7733は次のように述べています;
「私は非常に幸せです。今日、私が信頼している方が食べ物と引き換えにNANOを受け取るってくれました。彼は過去にビットコインキャッシュ(BCH)も受け入れていました。コーンミール、肉、米、砂糖、豆、ソース、アボカドなど、102kgを購入できました。」

Windows7733の投稿にコメントしている他のベネズエラのユーザーは、NANOを受け入れる人を見つけることは困難で、同国ではビットコイン以外の仮想通貨の使用が難しくなっていると明かしました。

経済危機と仮想通貨の寄付

仮想通貨はアドレス一つで簡単に、安い手数料で世界中に送金できるため、寄付に利用されています。ベネズエラや南スーダンのような経済的な混乱に直面する国で、日々の栄養不足に苦しむ人々を支援する組織「eatBCH」は、ビットコインキャッシュ(BCH)を使って物資を購入する支援をしています。

ブルームバーグによれば、ベネズエラのハイパーインフレ指数は年率43,378に達し、1杯のコーヒーは2年前の450ボリバルから、現在、100万ボリバルに高騰しています。(カフェ・コン・レチェ指数)

一方、ベネズエラ政府は石油に裏打ちされた仮想通貨ペトロに力を入れています。今年2月のニコラス・マドゥーロ大統領の声明によると、ペトロのICOプレセールで50億ドルを調達したという。

シンクタンク大手ブルッキングズ社によれば、政府にとってペトロのICOは国際的な経済制裁を迂回して外資を獲得するための手段であり、この資金がベネズエラの人々を助けるために利用されない可能性が高いという。ブルッキングズ社はペトロが正当な仮想通貨の意義を蝕むと述べています。

今月ベネズエラ政府は、ホームレス向けの住宅建設のために仮想通貨ペトロを資金供給すると明らかにしました。4月に同国のブロックチェーン観測所の事務総長ダニエル・ペーニャは、ペトロの影響を「3〜6カ月以内に」感じるだろうと主張しました。

関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る