COIN TOKYO

¥722,830
BTC -0.12%
¥23,446
ETH -0.23%
¥57.71
XRP -0.37%
¥57,431
BCH -2.64%
  • 2018/08/19
  • コイン東京編集部

レバ100倍!BitMEX(ビットメックス)の特徴・登録・使い方ガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨取引所ビットメックス(BitMex)は、取扱高が急増中のレバレッジ取引所です。手数料も安く、通貨ペアも豊富、日本人の登録や使用も非常に多い人気の取引所になります。ここではビットメックスの使い方を徹底的に解説していきます。

1.BitMEX(ビットメックス)の特徴【5つ】

①最大100倍のレバレッジ!
日本の仮想通貨取引所ではレバレッジは最大25倍までと決められています。しかし香港を拠点とするBitMEX(ビットメックス)取引所では最大100倍のレバレッジをかけることが出来、かなり人気となっています。

最近の仮想通貨市場はボラリティが低くなってきた為、通常の変動率では満足できない方にはおすすめです。またBitMEX(ビットメックス)は自動売買ボットのオープンソースを公開しており、そのボットを利用した投資を行うことなども可能です。

ビットコインの100倍レバレッジでの取引は、1BTCを担保に最大100BTCを購入することができるので、高いレバレッジの取引により、それだけ大きな利益を生み出す可能性もありますが、価格が下がった時の損失も大きくなる面も注意しておきましょう。

②豊富な通貨ペア・アルトコインFX取引
現在は8種類のコインを扱っており、以下のビットコイン及びアルトコインでレバレッジ取引ができます。アルトコインに関しては、コインによって最大レバレッジが異なりますが、20〜50倍をかけることが可能です。

・XBT(ビットコイン):XBTとはビットコイン(BTC)のことです。
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・ETH(イーサリアム)
・ADA(エイダ)
・LTC(ライトコイン)
・XRP(リップル)
・TRX(トロン)
・EOS(イオス)


③日本語表示対応
BitMEX(ビットメックス)は海外大手取引所ですが、日本語表示に対応しています。中華系取引所やKucoinなどでも以前は日本語表示対応していましたが、今は日本語表示に対応している取引所は少ないです。日本語表示だと利用しやすいですよね。

④追証無し・ロスカット採用
BitMEX(ビットメックス)だけでなく、仮想通貨取引所では「追証なし、ロスカット制度」をルールとしている所が多いです。これはユーザーが大きな損失を出す前に強制的に決済させ、掛け金以上の損失を極力抑える仕組みだからです。

「追証」とは追加証拠金のことで、ユーザーは予め取引所で定めた証拠金を入れておく必要があるのですが、購入した仮想通貨の価格が下がり、取引所が設定している証拠金維持率より証拠金が下回った場合、追加の証拠金が必要になることを示します。「追証」はビットメックスにはなく、損失が膨らんだ際は強制決済(ロスカット)となるため、最悪の場合でも資金は借金にはならず0になるだけで済みます。

ちなみに「証拠金維持率」とは、例えば「証拠金維持率50%」に設定されていたとします。レバレッジをかけている仮想通貨の価格が下がり、預けている証拠金の50%を下回ると、ロスカットか追加証拠金になります。

ロスカット制は大きな損失は出しにくい面はありますが、マイナスを取り戻す前に決済されてしまうデメリットもあります。
証拠金維持率には余裕を持たせて取引を行うことをおすすめします。


⑤堅牢なセキュリティ対策
BitMEX(ビットメックス)は取り扱い通貨は全て、コールドウォレットで保管しています。また入出金も社内によるマルチシグ方式を採用、クラウドに秘密鍵が保管されることもありません。サーバーも堅牢かつ高度、取引エンジンのセキュリティも大手銀行が利用するDBツールで、入金・出金・トレード・決済など大量取引にも耐え、最速の速さと信頼性を備えていると評判です。

2.BitMEX(ビットメックス)の口コミや評判

主にツイッターにあるBitMEX(ビットメックス)の口コミをご紹介します。日本では行えないレバレッジ100倍があるので、チャレンジ精神旺盛なトレーダーも多いようです。



追加証拠金はないので、少額からでも挑戦しやすく、尚且つ、大きな利益を出すことも可能です。一方でレバレッジ100倍は少しの価格下落でもロスカットされやすい点もあるので、短期集中の取引が理想です。



資金が1万円からでも100倍にチャレンジすることができるのが大きなメリットです。ビットフライヤーでも15倍なので、高いレバレッジを行いたいトレーダーには魅力的です。



賭けだと思って100倍のレバレッジにチャレンジしてみてもいいですが、自己資金に余裕がる範囲内で行うようにしましょう。証拠金が一気に証拠金率以下になってしまう可能性はあるので、ロストカットされても大丈夫な範囲で賭けるのもありです。



海外の取引所ですが日本語対応なので、実際に取引をしてみると日本の取引所とあまり操作感は変わらない印象があります。海外の取引所に登録してみたいけど、グーグル翻訳でも言語に自信がないユーザーは、BitMEX(ビットメックス)から挑戦してみるのもいいでしょう。

・ロングとショートを活用して下げ相場でも利益を取れる

「価格が下がってる時に先々に上がると思えば買い(ロング)」
「価格が上がってる時に先々に下がると思えば売り(ショート)」


下げ相場や横ばいのレンジ相場においては買い一辺倒で利益を出すことは極めて難しいものです。こういう時に、短期トレードとして、底値で買い(ロング)、高値圏で売り(ショート)、往復で大きな利益チャンスになるでしょう。

ただし、レバレッジだけは注意して余裕をみてポジションを建てていきましょう。

3.BitMEX(ビットメックス)の登録方法・二段階認証・入出金


・ BitMEX(ビットメックス)の登録方法
①まずはBitMEX(ビットメックス)のサイト を開きます。下の画像が表示されるので、日本語になっていることと、上からメールアドレス、パスワード、住んでいる国、名前を入力して、利用規約に同意するにチェックを入れます。「登録」をクリックします。

すると、登録が完了したと表示され、登録したメールアドレスにメールが送信されたと下のように表示されます。

メールを開くと下のような画像が表示されるので、「メールを検証」をクリックします。

クリック後に「メールを検証しました」と表示されます。すると下のような取引画面に切り替わります。
これで登録は完了です。


・BitMEX(ビットメックス)の二段階認証
次に、2段階認証の設定を行います。これは不正ログインの防止になるので、必ず行なっておきましょう。

①ログインをしたら、画面の上部にあるメニューから「アカウント」を選びます。

②すると左側にいくつか項目が表示され、「アカウントとプリファレンス」の項目のすぐ下に「マイアカウント」があるのでクリックします。

③マイアカウント情報が表示されるので「セキュリティ」の中に「2要素認証を有効化」があるはずです。

④上の画面に「Google Authenticator」と「Authy」のどちらかの認証アプリを選択できるようになっています。最も人気なのはGoogle認証アプリなので、今回はそちらの設定紹介をします。


⑤iPhone、androidに対応しているアプリなので、アプリのストアでGoogle認証アプリを検索してダウンロードします。


⑥アプリのダウンロードが完了したら、認証システムを起動させます。起動させると下のような画像が表示されますが、初期段階では6桁のコードは表示されていません。いくつの取引所でもこのアプリで2段階認証を設定することができるので、下のようにコードが増えていきます。

⑦アプリ画面の右上に「+」をタッチすると、下に「バーコードスキャン」が表示されるのでタッチすると、QRコードの読み込みカメラが起動します。


⑧BitMEX(ビットメックス)の画面に表示されているQRコードを読み込むと、上の画像のように6桁の番号が表示されます。青く囲んだ入力欄にコードを入力し「送信」をクリックします。

⑨自動的にログアウトしますので、再度、BitMEX(ビットメックス)にログインをします。その際に、2段階認証を行うように表示されます。無事にログインができれば完了です。


・BitMEX(ビットメックス)入金方法
まずはBitMEX(ビットメックス)への入金の仕方です。日本円は入金できないので、ビットコインを送金します。外部ウォレットからでも日本の取引所からでも送金は可能です。

①BitMEX(ビットメックス)にログイン後、上のメニューにある「アカウント」をクリックします。

②左側にいくつかの項目が表示されます。その中の「ウォレット」→「入金」を選びます。

③「入金」をクリックすると、QRコードとアドレスが表示されます。そのアドレスがビットコインの送信先になります。このアドレスをコピーしておきます。

④例えば、ビットフライヤーからビットコインを送金するとします。ビットコインにログインをして、左側のメニューの中にある「入出金」を選びます。すると上部にいくつかの入出金項目が表示されるので、「BTCご送付」を選びます。

⑤画面を下にスクロールすると、アドレスを貼り付けるところと、送金数量を入力するところがあります。BitMEX(ビットメックス)からアドレスをコピーし、ビットフライヤーの赤枠の所に貼り付け「追加する」をクリックします。

下の数量に入力します。日本円参考価格が表示されるので、それでOKなら、最後に青い矢印のようなマークをクリックして、送金作業は完了です。送金には少し時間がかかるかもしれないので、何度かビットメックスの口座に反映されたか確認しましょう。


・BitMEX(ビットメックス)の出金方法
BitMEX(ビットメックス)からはビットコインを外部のウォレットに送金することができます。例えば、ビットフライヤーの口座に送金するとします。

①ビットフライヤーにログインをして「入出金」を選びます。上部にある「BTCお預入」を選択します。するとQRコードとビットコインアドレスが表示されるので、アドレスをコピーします。

②BitMEX(ビットメックス)に戻り「アカウント」→ウォレットの「出金」を選びます。「宛先アドレス」にビットフライヤーでコピーしたアドレスを貼り付けます。下に送金するビットコインの数量を入力します。ビットコインネットワーク料金は自動で算出されます。

それでよければしたにある「送信する」をクリックして完了です。時間がかかる場合があるので、何度かビットフライヤーの口座に反映されたか確認をしましょう。

※出金に関する注意点
BitMEXの出金は送金に関するルールがあり、注意が必要です。
BitMEXから出金出来るのは、1日1回(22時頃反映)のみの為、その点に注意し、必要な額を一度に出金する方が良いかもしれません。

4.BitMEX(ビットメックス)での取引方法


・ 通常取引
BitMEX(ビットメックス)の取引の仕方ですが、日本の取引所で取引をしたことがあるなら、すでにご存じかと思いますが、「成行注文」と「指値注文」があります。

・成行注文:価格を決めずに、数量だけ決めて「買う」か「売る」かを決めます。価格はシステムが自動的に決めて約定します。なので取引が初めての場合は入りやすいやり方です。

・指値注文:注文単価を自分で指定して注文を出すやり方です。取引に慣れてきたら、板情報などをみて購入したい単価を自分で決めるユーザーが多いです。その方が手数料が安いというメリットがあります。

下の画像は指値注文の場合です。数量と指値を入力します。ちなみに日本円では表示されないので、USDになるので間違えないようにしましょう。例えば、数量100、指値9222.5と入力した場合、「 9222.5ドルの価格で100ドル分のビットコインを購入する」ということになります。

それで問題なければ、緑の「買い/ロング」をクリックして完了です。
下のレバレッジの設定を行い、レバレッジなしなら「クロス」のところでOKです。


・レバレッジ取引
レバレッジを賭けて取引を行う場合、売買注文を出す前に、発注の下にある「保有ポジション」というものでレバレッジの設定をすることができます。下の画像を見ると発注操作の下に、保有ポジションのレバレッジという文字があるのが分かります。



保有ポジションを拡大すると下の画像になります。「クロス」というものがあり、左にスライドさせることでレバレッジ倍率を大きく設定することができます。ビットコインの場合は100倍まで設定することが出来ます。これを設定してから注文することができる特徴があります。

5.BitMEX(ビットメックス)その他のメニューや機能詳細


・メニュータブ解説
・取引:取引ダッシュボードのタブは、取引商品やレバレッジの選択、注文を出したりキャンセルすることができます。

・アカウント:アカウントに関する情報が表示されます。ビットコインの利用可能な証拠金残高や入出金情報、取引履歴などが確認できます。

・契約:商品に関する情報が掲載されています。資金調達履歴、最小契約サイズ、扱いレバレッジの種類、満期、原資産の参考価格インデックスデータ、決済履歴などトレーダーに関する内容が確認できます。

・参考情報:ビットメックスの教育コーナーのタブです。先物、無期限契約、ポジションのマーク方法、清算の発生時期と方法、手数料やサポートについて豊富な情報を参照できます。

・API:BitMEX(ビットメックス)のAPI接続の構築と維持に関する情報が掲載されています。フル機能を備えるRESTとAPIと強力ストリーミングWebSocket APIを提供しています。

BitMEX(ビットメックス)に登録後の最初のステップは「参考情報タブ」や「取引所ガイド」があるので、まずはそこのページを読んでから、操作するのもおすすめです。


・自動売買BOT APIキーの取得
ビットメックスは自動売買ボット用にAPIを公開しており、本格的にレバレッジ取引を行いたい上級者、自動売買のボットトレードやシステムトレード開発者、またはボットに自動売買取引を任せたいユーザーにとっては重要なシステムです。指値や成行注文だけでなく、パソコンに詳しいユーザーなら、トレイリングストップやIFD(イフダン)注文などの取引に応用を利かせることも可能です。

①まずビットメックスにログインをして、上にある「アカウント」をクリックします。

②左側 に、ウォレットなどいくつか項目が出てくるので「APIキー」をクリックします。


③APIキーというページが表示されます。名前の入力欄があるので、覚えやすいものを入力します。「CIDR」は空欄のままでOKです。「キーのアクセス許可」は「注文」にしておきます。「2要素トークン」は2段階認証のことです。最後に「APIキーを作成」をクリックすればAPIキーができます。

IDと秘密鍵が表示されるので必ずメモしておきましょう。また秘密鍵はこの1度だけしか表示されません。紛失しても再発行されません。


・BitMEX(ビットメックス)スマホアプリ
ビットメックスにはスマホに対応しているアプリもあります。スマホ画面になっても、パソコンで見ているとデザインとほぼ変わらないので、スマホからでも十分に取引を行うことができます。日中はほとんどパソコンの前にいない人にはおすすめです。

6.BitMEX(ビットメックス)の基本情報について

取引所概要
会社名:HDR Global Trading Limited
本拠地:香港
ホームページ:https://www.bitmex.com/app/aboutUs
日本語対応
日本円対応不可

香港に拠点がある取引所ですが日本語にも対応しています。またアルトコインもレバレッジ取引ができるのが特徴です。100倍のレバレッジをかけることができるのはビットコインのみですが、アルトコインもレバレッジ取引が可能になります(それぞれで倍率が異なる)。追加証拠金が発生しない代わりに、仮想通貨取引所の多くが採用しているロスカット制を導入しています。

また登録はメールアドレスだけなので、個人情報の設定や身分証のアップロードなども必要ありません。海外の取引所なので、ウォレットや日本の取引所からビットコインを送金し、それを取引に使用することになります。コインを現金化する際も、その逆を行なって自分の口座に移すことが出来ます。

BitMEX(ビットメックス)はビットコインのレバレッジ商品を取り扱う、ピアーツーピアベース(P2P)のトレーディング・プラットフォームとして開設されました。アルトコインを売買する際はビットコイン建での取引になります。


・創業者(開発チーム)

・共同創業者兼CEO:Arthur Hayes
ペンシルベニア大学ウォートンスクール卒業。その後は、香港で株式デリバディブトレーダーに就き、ドイツ銀行とシティバンクでマーケットメイカーを経験しています。株式インデックス先物、先渡し、スワップ、FXのノンデリバラブル・フォワード取引など広範な経験を積んでいます。金融デリバティブの構築と取引に長けています。

・共同創業者CTO:Samuel Reed
ワシントンアンドリー大学でコンピューターサイエンス学位を取得。プロのプログラマーとして12年近い経験を持ち、Tixelated 社と Global Brand Solutions(香港)の テクノロジー企業 2 社で CTO を務めた経験があります。Webアプリケーションの専門家として多くの企業と契約を結び、近代的なリアルタイムのwebアプリケーションとインターフェイスの実装、オープンソースプロジェクトにも貢献している実績があります。

・共同創業者CSO:Ben Delo
オックスフォード大学で修士号を取得し、数学とコンピューターサイエンスの優等学位を授受しました。JPモルガンやIBMを始めとする多くの企業に高頻度取引システムを10年以上開発してきた実績があります。統計、アーキテクチャ、量的インフラ、システム、ツールの実装など幅広い専門知識を持ちます。


・取り扱い仮想通貨
・XBT(ビットコイン=BTC)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・ETH(イーサリアム)
・ADA(エイダ)
・LTC(ライトコイン)
・XRP(リップル)
・TRX(トロン)
・EOS(イオス)
※ZEC . DASH . XMR . Qtum . ETC . Tezos の取り扱いは中止されました。


・各種手数料

●取引手数料

取扱仮想通貨最大レバレッジメイカー料金テイカー料金
ビットコイン100倍-0.025%0.075%
ビットコインキャッシュ20倍-0.05%0.025%
イーサリアム50倍-0.05%0.025%
エイダ20倍-0.05%0.025%
ライトコイン33.33倍-0.0500.025%
リップル20倍-0.05%0.025%
トロン20倍-0.05%0.025%
イオス20倍-0.05%0.025%

●従来の先物手数料

仮想通貨レバレッジメイカー料金テイカー料金決算料金
ビットコインキャッシュ20倍-0.05%0.25%0%
イオス20倍-0.05%0.25%0%
トロン20倍-0.05%0.25%0%
イーサリアム50倍-0.05%0.25%0%
カルダノ20倍-0.05%0.25%0%
ビットコイン100倍-0.025%0.075%0.05%
ライトコイン33.33倍-0.05%0.25%0%
リップル20倍-0.05%0.25%0%

BitMEX(ビットメックス)はマイナス手数料を採用しているので、メイカー(指値で注文を出す)で取引を行えば、手数料分の仮想通貨が貰えるのでお得に取引が行える点は大きなメリットです。

●無期限契約

仮想通貨レバレッジメイカー料金テイカー料金ロング資金調達ショート資金調達資金調達の頻度
ビットコイン100倍-0.025%0.075%0.0067%-0.0067%8時間ごと

●入出金に関して手数料はかかりません。
●ビットコインの引き出し時は、ビットコインネットワーク最小料金がブロックチェーンの負荷に基づいて変動して設定されています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る