COIN TOKYO

¥735,296
BTC -0.17%
¥23,316
ETH -0.07%
¥52.55
XRP -0.12%
¥50,589
BCH -0.29%
  • 2018/08/19
  • コイン東京編集部

クリプトVC創設者「ビットコインはゴールドより機能的に優れている」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴールド(金)は地球上で最も貴重な金属の一つです。金の歴史を通じて、個人や団体がさまざまな場所、国、そして時代で価値を蓄える素晴らしい手段となってきました。しかし、ビットコインの台頭によって、クリプト支持者の中には主要な「価値の保存」手段としてビットコインがゴールドを代替すると考える人がいます。

多くのアナリストは、ゴールドとビットコインという2つの資産の性質に類似性を見ています。

ある程度のゴールドユーザーはビットコインに切り替えるだろう

ベンチャーキャピタル・クリプトオラクル(CryptoOracle)の共同設立者のルー・カーナー氏は、「ビットコインは特定の分野や品質でゴールドのワンランク上なもの」と主張しています。カーナー氏は、CNBCのクリプト関連番組 "The Coin Rush"で以下のようにコメントしています;

「ゴールドはグローバルな価値の保存として台頭し、文字通り数千年間その位置を維持してきました。それは素晴らしい事です。今、我々は機能的にははるかに(ゴールドより)優れているかもしれない何か(ビットコイン)を保有しています。だから我々は、すぐでも、一週間でもなく、五年以上かかるかもしれないが、ゴールドを価値の保存として使用している人々が、ビットコインに切り替えると期待しています。」

〇ゴールド対米ドル 出典:トレーディングビュー

この発言ではビットコインが「デジタルゴールド」として果たす役割について2点強調されています。まず、ビットコインは本質的に金より優れているかもしれないという事。カーナー氏は特定の機能についてコメントしていませんが、ビットコインの使いやすさ、不変性、デジタル性などは、ゴールドよりも利用価値があると考えられます。

2つ目はビットコインのマーケットシェアがゴールドのそれを侵食するかもしれないという事実です。ヴァンエック社のインデックス商品MVISのデジタル資産戦略担当ディレクターのGabor Gurbacs氏は、ビットコインのマイニングコストを考慮すれば、ビットコインは2万ドル以上の価値があると語りました。Gurbacs氏は以下のように述べています:

「投資家はビットコインをデジタルゴールドと呼んでいます。今日のゴールドの時価総額は約7兆ドル(約770兆円)です。仮に人々が5〜10%をビットコインに投資すると、ビットコインは上向きます。...ビットコインは今日、デジタルゴールドとして使用されています。これはディリスク(リスクの小さい)資産です。基本的には、誰かがシステマティックリスクを払い、我々はゴールドまたはデジタルゴールドにアクセスできます。」*ビットコインの時価総額は12兆円

最初のクリプトオラクルの話に戻ります。カーナー氏は、ビットコインをいわゆるジャンク債と比較して、両資産とも当初は受け入れられなかったと述べました。40年前にジャンク債が市場に提示された際、当初はスキャムだとみなされ、価格のボラティリティも高かった。高いボラティリティは全ての新興資産につきものであり、カーナー氏は今日のビットコインにもあてはまると述べています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る