仮想通貨トロン(Tron/TRX)の今後の価格や将来性は??最新情報やチャートから大胆予測!

トロン(TRX/Tron)は仮想通貨の中でも2017年にICOするや否や、大暴騰を演じた大人気の通貨です。バーンや材料など最新ニュースにも事欠かず、価格上昇や将来性を注目されている熱い仮想通貨といえます。そんなトロンの今後について大胆に予想してみました。


目次

1.トロン(TRX)の特徴


まずはトロンの大きな特徴について5つのポイントに分けて解説します。


1-1.2017年に公開したトロン

トロン(TRX)とは、2017年に公開された仮想通貨で通貨単位は

「TRX」

です。デジタルコンテンツ業界に特化した仮想通貨として、シンガポールの

「Tron財団」

というチームによって開発されています。

Tron財団は、公正でオープンなネットワークの運用を目的にしている非営利組織で、ACRAというシンガポールの企業規制当局の承認を得て設立されていますので、


信頼性のある安定した財団


であると考えてよいでしょう。


1-2.Tronファウンダー(創業者)の経歴

トロンが注目される理由の一つに創業者である

ジャステイン・ソン氏

の経歴があります。

ジャステイン・ソン氏は元リップル(XRP)の中国地区代表として資金調達などを行っており、トロンを開発した

Tron財団のCEO

も務め、また音楽ストリーミングサービス「PEIWO」のCEOでもあります。

PEIWOとは、ツイキャスの中国版のようなイメージで、中国では人気で1,000万人以上のユーザーがいるアプリです。PEIWOでは、すでに

トロン(TRX)での支払いが可能

となっています。


1-3.クリエイターのためのトークン

トロン(TRX)は、ブロックチェーンをベースにしている分散型のプロトコルで、データを自由に公開したり所有したりすることが可能です。つまり、世界中のクリエーター


がデジタル資産の公開やその配信を自由に行える


仕組みとなっています。

トロンが目指しているのは、クリエイティブでエンターテーメントなデジタルコンテンツを多くの人に提供することであり、

利益を得ることではない

としています。

トロンの実用化が広まることで、今まで埋もれていたクリエーターも多くの人の目に留まることになり、

新しいクリエーターを応援する社会

が出来上がります。

日本では考えられませんが、中国では動画配信サービスが大流行しており、有名なインフルエンサーは1人で


数十億円稼ぐ


ともいわれています。


1-4.トロンの初回ICOは30秒で完売

日本人にも大人気の世界最大クラスの仮想通貨取引所Binanceで行われた初回ICOの際には、5億TRXがわずか30秒足らずで完売するという人気ぶりでした。ちなみに、同じくBinanceでの2回目のICOでは3億TRXが10秒で完売しています。

トロンの総発行予定数量は1,000億TRXとなっており、いくらなんでも人気の出すぎという気もしますが、当時の仮想通貨の勢いと、ビットコイン分裂騒動の中心人物で大手マイニンググループBitmain社のジハン・ウー氏が投資していたことなどが影響したようです。


1-5.強力なパートナーシップ

トロンには、PEIWO以外にも強力な提携先があります。




・Obike


シンガポール発の世界20か国で利用されている自転車シェアリングサービスで、登録者数は1,000万人をこえます。




・UPlive


グローバルライブアプリで、配信者はライブアッパーと呼ばれます。「UpLive Girls」が世界デビューしました。




・Gifto


仮想通貨ファンがYouTubeなどのSNS上の配信者を応援するためにバーチャルギフトを送信できるサービス、投げ銭みたいなものです。


2.トロン(TRX)の長期チャートと価格推移


トロン(TRX)は、2018年1月5日に

26円という高値

を付けますが、その後には仮想通貨相場全体の暴落相場の影響を受け、8月時点では3円を割り込み2円台に突入してきています。

トロンが一躍注目されるようになるのは、いわゆる


マカフィー砲


が飛び出してからです。2017年12月26日、セキュリティソフト大手のマカフィーの創始者ジョン・マカフィーがトロンについてツイートしたことに端を発したことによるといわれています。

折からの仮想通貨大相場の流れにも乗り、また同時期に中華系の世界的な取引所である

OKExにも上場

し一気に価格が上昇していくことになります。


2-1.トロン(TRX)の長期チャート


トロン(TRX)の日足相場を見てみると、典型的な仮想通貨銘柄の相場となっており、多くの仮想通貨が高値をつけた2018年1月5日に

最高値26円を

つけ、その後に暴落しています。

本年5~6月にかけて他の仮想通貨と同じように切り返しますが、高値の26円には遠く及ばずに、その後は日足ベースの

ボリンジャーバンド

センターラインを下回り、センターラインを抵抗ラインとしてじり安状態となっています。

日足ボリンジャーバンドのセンターラインを下回り続ける限りは、ジリ貧状態が続くことになります。また、6月に切り返しに失敗して以降は、センターラインが下向きのまま価格が下落していますが、センターラインが下向きの状態は一般的に相場が弱いといわれています。

トロンが、今後下落相場から切り返して上昇相場へと移行するためには、まずは

日足ボリンジャーバンドのセンターラインを上抜けて引ける

こと。さらに、センターラインを下抜けることなく、

センターラインが上向きに変化

する必要があります。

現在は、トロン長期チャートからは下落中であると読めますが、下落期間が結構長いのでそろそろ


底値転換してもおかしくはない


でしょう。

ただし、相場が転換したといっても、すぐに上昇相場に至るわけではなく、通常は

レンジ相場

に移行します。


2-2.1日の取引高

1日の取引高を見ると、その仮想通貨にどれくらいの人気が集まっているのかを判断することができます。もちろん、

取引高が大きいほど人気は高く

、取引高が小さいほど人気はなくなっている状態となります。

トロンの取引高のピークは、やはり1月の大相場の際で1月15日の


4,416億円


が最高となり、その後の暴落とともに取引高も減少し、4月20日には444億円まで減少、直近は8月20日には110億円台まで減少しています。


2-3.トロン(TRX)の時価総額

1月の高値を付けたころには、トロンの時価総額はランキングトップ10に入る勢いでした。直近では11~12位というところで、時価総額自体は大きく減少していますが、仮想通貨全体の時価総額が減少していますので、ランキング自体はそれほど変わっていません。

つまり、トロンの問題というよりも、仮想通貨全体の問題として低迷していると考えてよいでしょう。


2-4.2円台という価格をどう見るか

価格も取引高も低迷しているのに時価総額ランキングはほぼ変わっていないということで、2円台という他のメジャー通貨と比べると大変購入しやすい価格であるトロンは今が買いなのでしょうか?

トロンの価格が2円台と安いのは、

発行枚数が1,000億TRX

ということに原因があると考えられます。すでに、6月には10億TRXのバーンと332.5億TRXのロックアップを発表していますが、それでも657.5億TRX近くが流通しています。

従って、

価格が安いからといって買場

だという判断はできません。トロンの場合には、

仮想通貨相場全体が好転する

ことや、トロンが提携先を増やしたりして

実際に使われる

ことが重要なポイントとなるでしょう。


3.トロン(TRX)関連の事件やニュースについて、最新情報も



2018年1月


・ファウンダーであるジャステイン・ソン氏のTRX売却疑惑

海外の大規模なインターネット掲示板Rebbitにジャステイン・ソン氏が持っている60億TRXが売却されているのではとの投稿がありました。ジャステイン・ソン氏はツイッターでこの事実を否定しています。

時期的に相場誘導しようという投稿であった可能性が高いですね。


2018年1月


・トロンのホワイトペーパー盗作疑惑

トロンのホワイトペーパー盗作疑惑が噂され大きな話題となりました。当時、トロンのホワイトペーパーは英語、中国語のものが公表されていましたが、英語版の参照元の記載漏れからこのような疑惑がもたれました。

現在は、中国語のみとなっており、中身も盗作などの問題はありません。


2018年6月


・BitTorretの買収

ファイル共有クライアントのBitTorrentを買収しました。


2018年7月


・332.5億TRXのロックアップと10億TRXのバーンを発表



2018年8月


・イタリアとスペインの2万店舗以上でTRX決済が可能に

ジャステインサン氏はイタリアとスペインの2万店舗以上でTRXを使用できるようになると発表しました。



・トロンが韓国の支払いプラットフォーム「Seedit」と提携、ツイッター等で送金可能に



・LINEの取引所BITBOXにトロンが上場



4.トロン(TRX)の今後の将来性について


ここからは気になるトロンの将来性について大きなポイントに分けて解説していきます。




(1)トロン(TRX)の普及次第?


メジャー通貨にもかかわらず2円台という価格は非常に魅力的であり買いやすい水準です。しかし、既述の通り

発行枚数が多いという問題

もあり、そう簡単には価格は上昇しないでしょう。

ただし、発行枚数が多いから悪いといいうわけではなく、トロンが実際に世界中で普及することを考えたらむしろ好都合なので、本年も矢継ぎ早に提携ニュースを出していますが、実際に使われるようになれば

価格にも影響

してくるでしょう。




(2)ロックアップとバーン


発行枚数が多いことは必ずしも悪くはありませんが、相場が低迷しているときには足を引っ張る要因となります。すでに実施されましたが、さらなる

ロックアップ



バーン




価格に良い影響


を及ぼすことになるでしょう。

前回はメインネットへの移行とともに発表されていますが、今後のロードマップ等にも注目したいところです。




(3)提携先が増えると価格にも影響か


トロン普及に関連しますが、普及するためには多くの提携先が必要となります。特に、以前から

アリババとの関係も噂されている

ところで、大手との提携はトロンの価値を大きく引き上げることになるでしょう。




(4)仮想通貨相場全体の回復


仮想通貨全体の時価総額は、2017年12月には


90兆円


を突破しますが、直近の2018年8月には20兆円前半まで減少しています。このことは、いかに短期性資金が仮想通貨相場を荒らしたかがよくわかります。

ただし、世界的な低金利時代は未だ続いており、金余り状態は継続中で、

仮想通貨ETF

などが認められるようになると大きく流れが変わる可能性もあります。

仮想通貨全体の流入資金が減少している時期は、発行枚数の多いトロンにとっては厳しい時代となりますが、逆に資金流入が増えてくると流動性の高い2円台のトロンにとっては


多くのメリットが出てくる


ことになるでしょう。


5.トロン(TRX)を購入におすすめの取引所





・Binance(バイナンス)


2017年7月に開設されたばかりの取引所ですが、わずか1年で世界最大クラスの取引所となりました。日本人にも大人気の取引所で、利便性の高さは言うに及ばず、顧客の要望にいち早く対応する取引所としてしられます。




・OKEx


Binanceに次ぐ人気の取引所です。中国の3大仮想通貨取引所の一つとして知られていましたが、中国政府の規制が厳しくなったことから、香港、マルタと拠点を移しています。




・Houbi(フオビ)


中国3大仮想通貨取引所の一つです。日本のSBIグループとの提携を発表していましたが、その後に提携取りやめが発表されています。




・BitZ


ポストBinanceといわれる要注目の新興仮想通貨取引所です。今後検討したい海外取引所の一つです。

世界中の仮想通貨取引所で取り扱われているトロン(TRX)ですが、ジャステイン・ソン氏は日本の取引所でも近いうちに取り扱われるようになると示唆していますが、残念ながら国内取引所では現段階では

取り扱われてはいません。


6.まとめ

トロン(TRX)は仮想通貨時価総額ランキング11位前後のメジャー通貨ですが、発行枚数が多いことから2018年には


2~3円前後で購入チャンスのある


通貨です。

仮想通貨界のムーディーズともいわれるDPレーティング(大手仮想通貨格付け機関)は、仮想通貨200銘柄の格付けを行いましたが、トロンは


最高得点の5点


を獲得しています。最高得点を獲得したのはトロン含め7通貨のみです。

発行枚数も多いですが、世界中の大手取引所に上場されており流動性も高く、引き続き2019年にかけても

大注目の仮想通貨

です。



目次