COIN TOKYO

¥510,630
BTC +0.09%
¥15,073
ETH +0.03%
¥49.57
XRP +0.36%
¥25,318
BCH +0.35%
  • 2018/09/03
  • コイン東京編集部

米調査会社トム・リー氏「CBOEイーサリアム先物によりETH価格は下落、BTCは上昇する」

このエントリーをはてなブックマークに追加
先週、シカゴ・オプション取引所(CBOE)がイーサリアム(ETH)先物市場を計画しているとの関係者情報をBusiness Insiderが報じました。CBOEは、ジェミニ市場に基づくETH先物市場を年内に立ち上げると見られています。著名なアナリストのトム・リー氏は、このニュースがイーサリアム(ETH)の価格よりも、ビットコイン(BTC)の価格に利益をもたらすと予想しています。

イーサリアム先物の結果、BTCが上昇する可能性

9月1日、米独立調査会社ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズのトーマス・リー代表はビジネスインサイダーの取材に応えました。ビットコイン価格に常に強気を示してきた事で知られるトム・リー氏は、ETH先物市場によって投機筋がETHの価格を押し下げるだろうと指摘しました。

リー氏はこの根拠に、CBOEとCME先物リリース後のビットコイン価格の推移を挙げています。ビットコイン先物は昨年12月中旬に発売、ビットコイン価格は一時的に2万ドルに到達するも、現在までに価格は7,200ドルに下落しました。アナリストの中には、これは調整ではなく、先物市場のショートセラーがビットコインを空売りしている影響だと考えている人もいます。

トーマス・リー代表は、2018年12月に予定されるCBOEが支援するETH先物取引の発売によりETH価格の大幅な下落が見込まれていると指摘、同様の影響が出る可能性が高いと述べました。

一方でリー氏は、ETH先物の導入によりビットコインに課せられた苦痛を一部軽減する可能性があると付け加えました。ショート(空売り)注文がBTC先物からETH先物に移行するかもしれないという。トーマス・リー代表は以下のように述べています。

「昨年12月以降、仮想通貨に対して否定的で現物も所有したくない類の投資家達は、BTCをショートすることができた。今後彼らはETHをショートできるようになる。先物市場での正味BTCショートの減少を意味します。」

〇2017年12月からのBitfinexでの価格推移、ETH左軸、BTC右軸

イーサリアムは今年1月13日の最高値1379ドルから288ドルまで90%以上下落しています。コインマーケットキャップによると、仮想通貨ETHの価格は32,098.55円 (前日比-2.48%、前週比+4.81%)、時価総額3兆2651億円となっています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る