COIN TOKYO

¥502,729
BTC -1.50%
¥14,712
ETH -2.81%
¥48.72
XRP -1.21%
¥25,938
BCH -2.17%
  • 2018/09/12
  • コイン東京編集部

米シティグループが機関投資家の参入を促す為、暗号通貨に投資する新たな預託証券(ADR)を開発中

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨークの大手銀行であるシティグループ(Citigroup Inc)は、シティが実際に暗号通貨を所有することなく証券化する、新しい方法を開発している模様です。インサイダーの情報をもとに、Business Insiderが報じました。

カストディアンが現物ビットコインを保有

ビジネス・インサイダーによれば、シティは実際に所有することなく、暗号通貨へのエクスポージャーを求めている機関投資家に対して、リスクの低い選択肢を検討しています。

Digital Asset Receipt:デジタル資産証券(DAR)と名づけられた新製品は、銀行の預託証券(DR)チームと資本市場オリジネーション(組成)チームによって、共同開発されている様です。

デジタル資産証券は、米国の投資家が世界の株式市場に投資することを可能にする米国の預託証券(ADR)に似ています。ADRは、銀行が保有して預託証券として投資家に発行される外国株式の代理権(プロキシ)です。シティは1928年以来、ADR事業に携わってきました。

シティはデジタル資産証券(DAR)を発行しますが、別の事業者(カストディアン)が根底にある暗号通貨を保有する責任を担います。シティグループは、DARが発行されるたびにウォール街の清算会社DTCC(The Depository Trust & Clearing Corporation)に通知します。

インサイダーによると、シティグループは過去2ヶ月間、DARの開発を行ってきました。人物はまた、シティが新しいDARの開発について、既に支店に通達しているとも語りました。

機関投資家の参入を促す

既存の規制に完全に準拠したデジタル資産証券(DAR)を発売することで、機関投資家やヘッジファンドの採用が拡大する可能性があります。DARによって、シティグループは現物ビットコインを(ほぼ)トレードする最初の銀行となり、デジタル競争の最前線に立つかもしれない。

ゴールドマン・サックスもまた、伝統的な投資家に暗号通貨取引を提供する新たな方法を模索しています。同社CFOのマーティン・チャベス氏は、ゴールドマンが複数の取引所でビットコイン対ドルの価格を参照する暗号通貨デリバティブの相対取引(OTC)、“ノン・デリバラブル・フォワード”を開発中であると述べました。

加えて、ウォール街のニューヨークメロン銀行、JPモルガン社、およびノーザン・トラスト社は規制された暗号通貨を機関投資家に提供することに関心を示しています。

コインベース、BitGo、サークルなどのブロックチェーン企業も、暗号通貨の新しいカストディ・サービスの開発について規制当局と協議しています。コインベースは最近、機関投資家向けに一連の新しいサービスを発表しました。「コインベース・カストディ」は、“機関のデジタル資産カストディ”として紹介されており、コールドストレージ、財務管理、保険を提供しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る