COIN TOKYO

¥510,630
BTC +0.09%
¥15,073
ETH +0.03%
¥49.57
XRP +0.36%
¥25,318
BCH +0.35%
  • 2018/09/12
  • コイン東京編集部

海外大手取引所のHuobi(フオビ)がbitTrade(ビットトレード)を買収、日本の交換業に参入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月12日、ビットトレード代表取締役社長の閏間亮氏より、Huobiグループに経営権を委任することを公式発表しました。

ビットトレードは今回の買収背景として、以下のように公表しています。

"ビットトレードは、足元で仮想通貨業界を取り巻く環境が大きく変化する中、お客様により安心してお取引いただける環境を提供するため、相場急変やサイバー攻撃をはじめ不測の事態の発生を想定して、リスク管理の高度化に重点をおいた内部管理態勢の整備を進めております。"

"当社が今後、仮想通貨交換業者として一層の飛躍を実現するためには、グローバル展開する Huobi グループの資本参加をうけることで、当社が FX 企業の関連会社として培ってきたリスク管理や顧客管理のノウハウを活用して内部管理態勢の充実を図るとともに、FX 事業以上にビジネスリスクが高い仮想通貨ビジネスのリスクに備えたリスク資本の確保が重要であると考えております。"

Huobi(フオビ)とは

Huobiはかつて、中国の三大取引所の一つに選ばれていました。しかし。中国での仮想通貨関連事業に対する規制により、現在は拠点をシンガポールに移しております。

2017年には日本の大手金融機関の一つであるSBIホールディングスと提携しとたことで大きな話題になりましたが、現在はその提携は解消されております。

取り扱いの仮想通貨の種類は80種類以上です。

bitTrade(ビットトレード)とは

芸能人の「こじるり」こと小島瑠璃子さんがイメージキャラクターを務めている取引所です。
運営のビットトレード株式会社は、FXトレード・フィナンシャル(FXTF)の関連会社であり、セキュリティ面や機能面で信頼されていました。
2017年9月29日に、金融庁より仮想通貨交換業者の認可を得ています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る