COIN TOKYO

¥730,739
BTC -0.16%
¥23,133
ETH +0.01%
¥51.51
XRP +0.05%
¥50,600
BCH -0.03%
  • 2018/10/11
  • コイン東京編集部

バイナンスコインが不動産購入で使用可能に!他媒体での導入も加速

このエントリーをはてなブックマークに追加
バイナンスCEOのChangpeng Ahaoは今日のツイートでPropy Inc.という不動産会社からバイナンスコインを使用する許可を獲得したことを発表しました。

Propyは以下のように発表しています。

“PropyはBNBを不動産購入に使うことを許可します。現在バイナンスコインは価値のある仮想通貨で、プログラムで制御できるお金となっています。BNBのコミュニティが急速に成長している中、Propyでは、簡単なペーパーワークで不動産投資をすることができます。”

この発表に対して、CEOのChangpeng AhaoはTwitterで喜びを爆発させています。

Propyとは?

5月にはPropyはカリフォルニアの27エーカーの土地の売却に対してXRPを使った支払いを許可したことでもニュースになっています。

パロアルトを拠点としたPropyは非中央集権的なタイトルで登録している不動産のグローバル企業です。この企業は国際間での不動産のトランザクションに対する問題を解決することを目標としています。スマートコントラクトを使うことによって、Propyは不動産購入者や売却者、ブローカーを繋げています。

様々な場所で採用されはじめているバイナンスコイン

バイナンスコインは不動産会社以外にも新たなところに導入されはじめています。CoingateはBNBでの支払いを許可しました。Coingateとはブロックチェーンを使った支払いをすることができるプラットフォームです。グローバルレベルで仮想通貨を使った支払いを浸透させることが彼らのミッションです。

BNBはこのサービスに登録した人たちとの取引に使える仮想通貨のリストに載っています。またBNBをビットコインやユーロに変えることができます。
また、BNBはADAMANTというメッセージアプリを通した支払いで使われる可能性もあります。非中央集権的なこのアプリ内では、今のところイーサリアムと彼らの仮想通貨であるADMが使えます。BNBはERC20トークンの中では初のメッセージアプリ内で使われるトークンになります。

これらのバイナンスコインの導入はバイナンスだけでなく、仮想通貨の市場への親和性を証明する素晴らしい機会でもあります。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る