COIN TOKYO

¥510,630
BTC +0.09%
¥15,073
ETH +0.03%
¥49.57
XRP +0.36%
¥25,318
BCH +0.35%
  • 2018/10/27
  • コイン東京編集部

バイナンス等がモネロの手数料を約1円に低減、Zキャッシュは取引所での利便性向上に期待

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月22日、プライバシーを重視した暗号通貨モネロ(XMR)はアップグレード「Bulletproofs」を実装しました。この改善により、トランザクションサイズが18Kbから3Kbに縮小され、取引手数料が96%削減されました。

モネロの出金手数料を0.0001XMR(0.01ドル相当)に引き下げ

〇XMRの送金手数料の削減 出展:BitInfoCharts

26日、この影響でBittrexとBinanceは、出金手数料の削減を発表しました。どちらの取引所も、モネロの出金手数料を0.0001XMR(0.01ドル相当)に引き下げました。この流れは他の取引所に派生するかもしれません。Moneroコミュニティのメンバーは、手数料引き下げを求めるキャンペーンを開始します。

1人のRedditユーザーは、「XMRの引き出し手数料を引き下げるために必要な処置をしてください。現在0.04 XMRを請求している(取引所)Coinexに申し立てを提出しています。」

「Bulletproofs」アップグレードとは?

モネロのアップグレードは、「Bulletproofs」と呼ばれる新しい暗号技術が導入されました。新しいアルゴリズムにより、XMRのスケーラビリティが向上し、機密情報の検証方法も変更されます。結果、トランザクションサイズを18 Kbから3.5 Kbに縮小し、より安いトランザクションレートを実現しています。この新しいアルゴリズムはMoneroのASIC耐性を改善しています。

匿名取引を100倍軽く6倍速くするZECのアップグレード

ジーキャッシュ(ZEC)のコア技術で、差別化された機能「シールドトランザクション」は計算が重たいため、これまで多くのユーザーや取引所ではサポートされていませんでした。

シールドトランザクションは、トランザクションデータを隠すために、「zk-snarks」という暗号技術を実行します。しかし、10月29日に予定されるハードフォーク「Sapling」は、このプロトコルのユーザビリティの大幅な改善が見込まれています。

Saplingによる技術的な変更により、取引所やウォレットはシールドトランザクションをより簡単に受けられるだろう。

ジーキャッシュ社CTOのNathan Wilcox氏はコインデスクに、「Saplingプロトコルにより、シールドトランザクションは約100倍少ないメモリで、おそらく6倍以上高速で処理できます。」と語っています。

注目すべき事ですが、あくまでも現時点でシールドトランザクションは、フル・ノードを実行しているユーザー対してのみ可能です。しかし最終的には、「デフォルトによるプライバシー」時代を迎える事になる見立てです;

「Saplingの採用へ移行する事を期待しており、移行が進むにつれてプライバシーがデフォルトに移行することを期待しています。」

Wilcox氏は、ライトウォレットやモバイルウォレットについて語りました。将来的に、おそらくユーザーはモバイル端末から匿名取引を直接送信できるようになる見込みです。

ブロックチェーンの完全なデータを格納していないライトクライアントは、通常、モバイルデバイス上で動作するクライアントであり、デスクトップPCと同等のストレージやコンCPUを備えていません。

これらのクライアントは「(アップデートの)起動日には対象外」とWilcox氏は述べています。このウォレットはエンドユーザーには公開されず、代わりに開発者によるサードパーティの実装のガイドとしてのみ機能します。

しかしWilcox氏は、「当社の目標は、サービスプロバイダに対してもプライバシー保護を施したライトウォレットを作ることです。」とコインデスクに述べています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る