COIN TOKYO

¥372,309
BTC +0.37%
¥9,894
ETH +0.56%
¥33.25
XRP +0.33%
¥8,699
BCH -1.06%
  • 2018/11/28
  • コイン東京編集部

米ナスダック、2019年Q1にビットコイン先物上場を計画か―ブルームバーグ報道

このエントリーをはてなブックマークに追加
時価総額10兆ドルを誇る世界第2位の株式市場であるナスダック(NASDAQ)は、ビットコイン(BTC)先物の上場を計画しているという。今年の暗号通貨市場の劇的な急降下にもかかわらず、投資家の関心は継続すると見ている。27日、ブルームバーグが報じました。

ナスダックのBTC先物

ナスダックの内部事情に精通している2人の情報筋によると、ナスダックはビットコイン先物が規制ガイドラインに準拠していることを確実にするため、スワップ(又は先物契約)の規制当局である米国商品先物取引委員会(CFTC)と緊密に協力しているという。NASDAQのビットコイン先物市場は、2019年1月―3月(第1四半期)の上場を目指している。

ナスダックの先物取引は、VanEckアソシエイツ社が作成する多数の現物取引所のビットコイン価格に基づくという。ナスダックのビットコイン先物への関心は、昨年最初に報じられました。今年一月、ナスダック最高経営責任者(CEO)のアデナ・フリードマン氏は、同社の計画を競合他社が既に提供している先物と区別する方法を検討していると述べました。CMEは4つの市場の価格(Bitstamp、Coinbase、itBit、Kraken)を使用しており、CBOEは1つ(Gemini)です。

ナスダックの関係者はブルームバーグに対してコメントを拒否しています。VanEckとCFTC広報担当者も、コメントの要請に応じていません。

米国商品先物取引委員会(CFTC)の先物の許可

2017年12月、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)とシカゴ・オプション取引所(CBOE)は、最初にビットコイン(BTC)先物を導入しました。デジタル通貨市場が歴史的なブル・ラン(上昇相場)の真っ只中でした。CBOEは12月11日に商品の取引を開始、その日、BTCは15,000ドルから18,000ドルに上昇しました。CMEは翌週18日、BTCが18,000ドルの時に、続いて先物をリリースしました。CoinMarketCapによると、ビットコインの最高値は12月17日に20,089ドルを付け、同日24時間取引高133億ドル、時価総額3205億ドルを記録しました。

ビットコイン先物が機関による暗号投資の新時代を導くと期待された一方で、先物の取引量は控えめであり、ビットコイン価格も約2万ドルから4,000ドル未満に急落しました。10月下旬、CMEとCBOEは合計で、2018年第3四半期に1日平均9,000枚の契約を交わしました。これは、従来の先物市場の取引量に比べてほんのわずかです(1*)。

伝統的な金融市場が暗号市場に備える

ナスダックは7月に、Geminiや他の暗号通貨取引所など約6社の代表者と、シカゴで当事者ミーティングを開いたと報じられました。ブルームバーグによると、この会議のテーマは、グローバル市場での潜在的な役割を検証して、業界が仮想通貨のイメージを改善するために協力するよう促すことでした。10月に同社は、セキュリティトークンのプラットフォームで暗号通貨市場に参入する可能性があると、精通した人物の情報をもとにThe blockが伝えました。

ビットコイン(BTC)のデリバティブは他の伝統的なプレイヤーも計画しています。ニューヨーク証券取引所の大手インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)は先週、CFTCの承認を前提に1月24日に独自の契約Bakktを開始する予定を発表しました。Bakktは現物受け渡しのビットコイン先物取引所とカストディを提供する計画です。

世界5大金融サービスプロバイダの1つ、Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は、機関向けの暗号通貨取引所とストレージプラットフォームの設立を発表しました。来年開設予定の新会社Fidelity Digital Asset Services, LLC(フィデリティ・デジタル・アセッツ)は設立時にビットコイン、イーサリアムなどの暗号通貨を保有します。

VanEckは、SEC(証券取引委員会)から暗号ベースの上場投資信託の承認を得ようとしています。

(1*)この背景には、ビットコイン先物の高価な手数料が一因とされています。CMEの主要なS&P500先物は4%のマージンですが、BTC先物は40%のイニシャル・マージンを要します。投資家が入るには、資本金を10倍にしなければなりません。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る