COIN TOKYO

  • 2018/11/29
  • 2018/11/29
  • コイン東京編集部 アオ

米国財務省がハッキングに関わるビットコインアドレスに紐づくイラン人2人に初めての制裁措置を行う

このエントリーをはてなブックマークに追加
イランが、ランサムウェア攻撃や他のハック術を使って資金を調達し、米国の経済制裁を回避している。これらの活動に紐づくビットコイン(BTC)ネットワークの2つのアドレスが外国資産管理局(OFAC)に特定され、所有者に制裁を課すという前例のない措置が取られた。28日にWashington Examinerが報じました。

米国を含む暗号通貨取引所を利用

2つのBTCアドレスはAli KhorashadizadehとMohammed Ghorbaniyanに属す。米国政府は、2人が2015年以来、米国、カナダ、イギリスのコンピュータシステムに感染したランサムウェア「SamSam」に関与したと見ている。

起訴され、制裁リストに加えられた2名は、ランサムウェア攻撃でビットコイン(BTC)を得て、イランの法定通貨リアルに変換したとされる。法執行機関によると、2つのアドレスには7000回以上のトランザクションを通して数百万ドルもの資金が送られた。資金の一部はハッキング以外のソースに由来する可能性があるという。連邦政府機関は、デジタル通貨が実際に容易に追跡される事を強調しています。

米財務省テロ金融情報局(TFI)の秘書官Sigal Mandelker氏は以下のように述べています;

「財務省は、デジタル通貨取引所をターゲットにしています。イランのサイバーアクターがランサムウェアからデジタル通貨を搾取して、利益を得る際に利用されました。イランがますます孤立し、米ドルへのアクセスが不可能になるにつれて、仮想通貨取引所、ピアツーピア取引所、およびその他のデジタル通貨ネットワークのプロバイダは、これらの違法なスキームに対する、ネットワーク対策を強化する必要があります。」

財務省は、2名が米国の一部を含む40以上のデジタル通貨取引所を利用したと主張した。制裁法の下では、米国市民や住民は制裁された個人との取引が禁じられている。制裁された人物の、米国人の支配下にあるすべての財産を押収しなければならない。

イランの暗号通貨への取組み

米国の制裁措置が強化されるにつれて、イランはこれを回避するために暗号通貨を模索している。イランが検討する1つの抜け穴は、リアルに裏付けられた暗号通貨を発行することです。この動きにFinCEN(金融犯罪捜査網)は、イランの資金が「テロ、人権侵害などの悪意のある行為の支援」に使われていると非難した。

イランの中央銀行に発行する新しい国の暗号通貨は、正式なリリース日は不明です。しかし、関係者は現在既にパイロット段階にあると注意している。

イランはまた、ハッキングを通じて財源を補充しようとしている。アクセンチュアのサイバーセキュリティ専門家は、イランに紐づく5種類の新しいランサムウェアを特定した。イラン政府は不正行為を否定しているが、リサーチャーは政府がこれを支援していると指摘した。

Mandelker氏は、米国政府がこうした暗号犯罪に対して、継続的に圧力をかけると語る;

「財務省は、不正な目的のためにデジタル通貨を利用する、イランやその他の不正な政権を積極的に追求する。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る